「算定の実例集」 一覧

主治医意見書の作成(記入)の為の受診は診察料を算定できる?算定の方法を紹介します

2018/7/21  

主治医意見書のために受診にくる患者さんは結構多いと思ういます。 というか診察しなければ、医師も意見書 ...

入院中の患者に診療情報提供書(紹介状)を作成したときは算定できる?基本的な算定の考え方とは

2018/9/26  

入院中の患者で、たまに他院への紹介状をお渡しする機会がでてきたりすることがあります。 あまりない事例 ...

no image

手術日の留置カテーテルが算定できない具体的理由を簡単に説明しました

2018/7/21  

手術当日に留置カテーテルを行うことは頻繁にあると思います。 特に高齢の方に行うことが多いのではないで ...

no image

〇〇術後、〇〇後遺症の病名でも特定疾患療養管理料を算定できます!その理由とは

2018/7/22  

特定疾患療養管理料の対象の中に〇〇術後や○○後遺症といった病名はありません。 しかし、実際は術後や後 ...

フットケアの算定方法を簡単に説明すると

2018/7/22  

入院中のカルテの記事に「フットケア実施」と書かれていることは結構、多いかと思います。 入院の入力を初 ...

局所陰圧閉鎖処置(V.A.C(バック))とは、材料の算定方法

2018/6/16  

局所陰圧閉鎖処置=VAC(バック)のことです。   そもそも、局所陰圧閉鎖処置がどういった ...

培養同定検査と細菌薬剤感受性の算定方法と患者への費用の請求

2018/8/30  

培養同定検査と細菌薬剤感受性の検査は、項目としては別々の算定となっていますが、だいたいの場合はセット ...

【デブリードマンの算定方法の違い】医事の勉強初心者が間違えやすい項目を説明します

2018/9/15  

『デブリードマン』と早見表の索引を探せば 「デブリードマン」 「デブリードマン加算」 この2つが出て ...

医療材料(サンプル)を使用した場合は算定できる?その根拠とは

2018/7/22  

試供品いわゆるサンプルをした場合、手技料や材料代の請求はどうなるのでしょうか。 私の病院の医師に新し ...

カテーテルを留置したまま転院、死亡した場合は算定できる?算定できない理由とは

2018/7/22  

カテーテルの算定の条件として 保険医療材料として24時間以上、留置する事が前提とされています。 &n ...

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.