医事コラム

日立べてらん君のユーザーズ勉強会なるものがあったので参加した感想

更新日:

私の病院では、3年ほど前から日立さんの「ベテラン君」を導入しています。

長く使用していたのですが、今回初めて「ベテラン君ユーザー勉強会」なるものの案内が来ました。

 

私の病院では、べてらん君メインで作業を行っているので(外来のみ)、結構、操作方法には自信があったのですが、これも話のネタになるかと思い参加をしてみました。

 

その時の、勉強会の内容と個人的な感想を書いて行きます。

参考:日立ベテラン君を3年使い続けたのでメリット・デメリットをまとめました

 

勉強内容はマニュアル通り

全部で3時間の研修時間だったのですが、そのうち、1時間は基本的な使いかたについてのレクチャーでした。

まあ、一番最初にベテラン君を導入(インストール)したときに日立さんからもらっていたような資料をそのまま、プロジェクターに移しながら実際にやっていくというものでした。

 

マニュアルに載っていることではありましたが、実際にパソコンで設定操作している画面をプロジェクターに映し出しているので、非常にわかりやすかったです。

 

本で読むだけと、実際に動いている画面を見るのでは大きな違いがありました。

また、動いているので自分が行いたいシチュエーションも想像しやすい印象でした。

 

途中の自己紹介

これはまったくの意味不明な時間でした・・・

最初は、私にとっては、拷問か罰ゲームみたいに感じました。

 

それは、同じ勉強会に参加している人たちの前で、自己(病院)紹介を行うというものでした。

だいたい、50人ぐらいが参加している室内のなかで、マイクを持って話すスタイルです。

 

もちろん、うちの病院は何床あって、診療科はこれぐらいですとか、そういったのではなくて、べてらん君に関した自己紹介です。

 

例えば・・・

・当院ではべてらん君を〇〇台インストールしています。

・ベテラン君でのチェックは月中と月末の2回かけています。

・自院でのベテラン君の使い方

などなどです。

他にも、他の病院さんに聞いてみたいことなんかもありました。

 

みんな向上心が高い

最初に自己紹介用のテンプレート文章が配られており、それに沿って自己紹介していくといった感じだったのですが、実際は全然違いました。

 

というのも、みんなテンプレート通りの自己紹介ではなく、各々の病院の細かい内容を発表していました。

 

・自分の病院はこうして使っています。

・この部分はどうやればできますか?

・ほかの病院さんはどうやってますか?

なんてことを50人ぐらいの前で堂々と話していました。

 

私は、テンプレ通りに発表しようと思っていたので、少し面食らってしまいました。

(その後、私も発表で独自の事を言わなければいけない雰囲気だったの、とりあえず独自の意見を添えて発表しました。)

 

誇りに思う

ちょっとカッコよく言い過ぎでしょうが、上記のように医事のレセプトの改善のために様々な意見が出ていたことに、私は深く衝撃を受けました。

 

こんなに熱量、やる気のある人たちと、私は同じ職種として働いているんだと実感ささせられました。

私は、冷やかし感覚でいった身でしたが、ここはホントにいい刺激になりました。

 

ベテラン君とかでなくてもいいので、他院の医事の人たちが集まれるような機会や場所がもっとあれば、他の病院の人たちとも意見交換ができて、やる気につながっていくのにと思いました。

また、スキルアップにも絶対繋がりますしね。

 

応用編と質疑応答

基礎的なレクチャーの後は、応用編でした。

しかし、これもベテラン君についていたQ&Aに乗っているような内容でした。

 

しかし、その応用編はすぐに終わり、個別での質疑応答へ移りました。

個別レッスン的な感じで、質問をドンドン受けていくといった感じです。

 

これはとても良かったと思います。

なかなか、ベテラン君のシステムの方に話を聞ける機会なんてないので、よい経験になりました。

(電話でのサポートもおこなっているので、普段使っている人には関係なかったかも)

 

まとめ

冷やかし感覚で行った勉強会でしたが、行ってよかったです。

一番は、やはり、他の病院も話しが聞けたことですね。

 

私の病院は、結構、抜きにでているかと思っていましたが、そうではないといこともわかったし、他の病院がいかに真剣にレセプトに取り組んでいるかということもわかりました。

 

他の病院さんに負けないように、今後も向上心をもって業務に取り組んでいきたいですね。

 

-医事コラム

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.