【家づくり】医療事務でも家が買える?

年収300万円の低所得でも家は建てれる!!具体例をだして説明したよ

更新日:

家を建てる、購入する際に一番気になるのが費用の問題ですよね。

私の場合は、医療事務ということもあり給料は世間一般的に見ても低い方です。

 

そんな私でも家を建てることができました。

 

例として、実際に私が家を建てたときの、毎月の収入と出費をあげていきたいと思います。

 

現在の収入

月の手取りにして約17万円ほどです。

これに妻の収入が13万円ほどです。

 

合わせて月の世帯収入が約30万円ほどになります。

 

現在の出費

毎月の固定費、変動する食費等の平均をまとめてみました。

水道料金(2カ月に1回)  ¥5,000  
保育園料  ¥21,000  
生命保険  ¥12,000  
学資保険  ¥6,000  
車のガソリン代  ¥15,000  
電気代  ¥12,000  
インターネット  ¥5,000  
携帯料金(2台分)  ¥6,000  
食費  ¥40,000  
その他雑費  ¥20,000  
   
住宅ローン  ¥62,000  
定期預金積み立て  ¥40,000  
投資信託積み立て  ¥5,000  
   
合計  ¥251,000  

 

毎月の平均の出費はこんな感じです。

 

これにプラスで洋服の購入費用が発生したり、外食の費用が発生しています。

毎月、定期貯金と積立をしているので少し油断している部分も。

 

毎月の収入と出費は同じくらいですね。

 

また、収入は月の給料とは別でボーナスもあるのでそっちに依存してしまっている悪い部分もあります。

 

私の考えとしてはボーナスはあってもないようなものと考えています。

 

つまり、ないものと考えておかないとボーナスに依存してしまい、出なかったときに生活ができなくなってしまうという最悪の状況になってしまいます。

 

出費を抑えるポイント

出費を抑えるためにまずやったことが

・通信費(スマホ)の維持費

・保険料の見直し

子供も生まれたこともあったので早い段階で出費の削減には取り組んできました。

 

スマホ代は(2台分) 14,000円→6,000円と半分以下に抑えることができました。

 

保険料に関しても「保険の窓口」なるものに相談に行き、必要最低限のものだけ契約をし直しました。

ただ、ここら辺は少し心もとないといった感じです。

 

苦しくはない

収入と出費の関係をみて、結構カツカツの生活そう・・・

と思われるかもしれませんが、いまのところ私自身そうは思っていません。

 

人それぞれ、ライフスタイルはあると思うし(私は浪費癖がないので)お金の使い方もそれそれだと思っています。

 

現に、私は家を建ててからのほうが家族との時間が増えて、前より幸せに感じています。

 

あと、結構貯金もできているので気持ち的にも結構余裕があります。

 

なぜ、収入が低くても家を建てれるのか

ローンが62,000円というのは私からみたら普通ですが、都会の人から見たら”安すぎ”と思われてしまうかもしれません。

 

今回、なぜ私が低所得でも家を建てられたのかというと理由の一つに”地方在住”ということがあります。

一番の違いは都会と比べて土地代が安いということです。

 

言ってしまえば、家(建物)本体の価格は都会も田舎も同じなんですね。

『建物代+土地代』の土地の部分が異常に高いから、都会では家を建てるということが難しいと思われてしまうんです。

 

無理に都会や首都圏、又は市街地に建てなくて十分ということであれば、低所得でも十分に家を建てることは可能です。

詳しくはこちらの記事

地方(田舎)在住の年収300万円は家を建てれるか

 

団地に入るな

だいぶ個人的な意見ですが、家を建てるつもりがあるなら公団や県営や市営の団地には住まないことをおすすめします。

 

私自身、子供が生まれたら必然的に団地に住む=お金を貯めるというイメージがあったのですが、それは旦那さんのみが働く場合です。

家族が扶養に入る場合は団地でもいいでしょう。

 

しかし、出産後も共働きをする予定であれば団地でお金を貯めることはできないし、まったく意味がありません。

 

というのも、団地のメリットに所得に応じて家賃が安くなるというシステムがありますが、それはあくまで、片働きで家族を扶養に入れる人に対してのメリットであり、共働きの場合には通用しません。

 

私は個人では、所得も多くないのですが世帯年収でいくと、結構、団地の家賃の基準では高い部類に入ってしまうようで、妻がフルタイムに復帰してから家賃が2倍ぐらいになりました。

 

結局、団地の家賃も周囲の同じ間取りの賃貸とたいして変わらない金額になってしまいました。

 

家賃の安さで団地に入るぐらいなら、今後の状況を計画立ててからよいでしょう。

 

まとめ

家を建てるとなると、ホントに様々な情報が必要になってくるし情報が入ってくると思います。

 

今回は、どんな情報がお得で、こういった制度があるとか専門的な話ではなくて、これぐらいの年収でも家は十分に建てられますよという具体例として書いてみました。

 

ただ、今回は地方在住向けの基準で考えたので、都会在住には参考にならなかったかもしれませんね・・・

 

ネットなどに家の購入にはいくらぐらい最低限必要だとか、いろいろ書いてあるとはおもいますが、あくまで基準として言っているだけであって、すべてがあなたに該当するわけではありません。

 

自分自身の収入・出費を照らし合わせて自分たちのライフスタイルに合わせて、住宅購入の準備をすることをおすすめします。

 

住宅ローンが気になったらまずは相談から

家が欲しいな~と考えた時に一番気になるのが住宅ローンだと思います。

 

『所得が低いけど、住宅ローンは組めるのか?』

『そもそも住宅ローンの仕組みがいまいち分からない』

『家を建てた後の家計はどうなる?』

 

といった分からない事が重なり、家づくりが始まらない、始められないという人も多いかと思います。

もし、そういった事で悩んでいるのであれば、まずは住宅ローンのプロに相談をしてみるのもいいかもしれません。

 

資料請求とかお店に行くとかではなくて、単純に電話だけなので、軽い気持ちで利用ができるのでオススメですよ!

⇒ 家・保険・住宅ローンについての不安をサポート!【住宅本舗の電話相談】

 

とりあえずカタログ請求から

少しでも『家が欲しいな~』と思ったら、まずはカタログ請求からしてみることをオススメします。

 

ちょっと面倒くさそう・・・

 

と思いそうですが、一回の作業でいろいろな会社の写真や情報を見られるのは楽しいです!!

 

家作りでなにが一番楽しいかというと、カタログを見ながら

『北欧風な感じの家にしよう♪』

『友達はたくさん呼びたいから、リビングは広めで客間は作る!』

『家事は時短したいから間取りに気を付けなきゃ!!』

『天窓を作って子供と一緒に天体観測!!!』

挙げだしたらキリがありませんが、こんな感じの事を考えているときが一番幸せです(笑)

 

その楽しい時間を過ごすためにも、まずはカタログ請求が必須ですからね♪

もちろん、楽しむだけではなく、実際の家づくりの勉強にもなります!

 

また、今すぐには家を建てられないけどいつかは建てたい!!

という人も、すぐにカタログ請求するべきです。

 

なぜなら、カタログ請求をしておけば、各ハウスメーカーの特徴や価格帯が把握でき、いざ自分たちが家を購入するとなったときにすぐに行動に移せるからです。

しかも、家づくりの勉強ができる期間も長くなるので、建てるときにも迷いが無くなるし、ハウスメーカーともスムーズに打ち合わせができますからね。

少しでも興味のある人は、カタログ請求からしてみるのも良いと思いますよ。

⇒ 【まずはカタログ請求から!!】家を建てたいと思ったときの第一歩!!

 

-【家づくり】医療事務でも家が買える?

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.