労災関係まとめ 自賠責・第三者のまとめ

自賠・労災の症状固定後に新たにリハを開始するには期間をどれぐらい空けたらいいの?

更新日:

自賠や労災で症状固定になったときに、まだリハビリを続けたいと申し出る患者は結構多いと思います。

 

ただ、そうなってくると健保請求上で病名をどうするか、すぐに新しいリハ病名でリハビリをしていいのか?どのぐらいの期間を空けたらよいのか?ということが疑問になると思います。

こんなときの対応について書いていきます。

 

基本的には2カ月空ける

症状固定後に新しいリハビリ病名でリハビリを行う場合は、最低限2カ月は間を開けた方が良いでしょう。

特に、これといった決まり・通知があるわけではありません。

 

レセプト請求上これぐらいの期間があいていれば、保険者からも自賠・労災と関係がない病名だと判断されやすいのでしょう。

ちなみに、非常勤の整形Dr.に聞いたところ、どこの病院も目安として2カ月は空けているようです。

 

2カ月空けないとき

通常は2カ月空けるのですが、私がそのことを知らなかった頃、症状固定の翌日から、同じ部位に対して新しい病名でリハビリを開始してレセプト請求した経験があります(というか、定期的にこのようなケースで症状固定後すぐに新しいリハ病名で請求しています)。

しかし、これは査定返戻又は保険者からの連絡は一切ありませんでした。

 

結局は2カ月たっていなくも、請求自体は問題ないということなのでしょう。

2カ月という基準はあくまで、健保請求(第三者)を使用しているときが該当する項目なのかなという結論に至りました。

 

まとめ

明確な通知や連絡はないため、あくまで目安として考えるのがよいでしょう。

また、確実に請求したい場合は、”2か月空ける”と決まり事を決めてしまったほうが、他部署との連携もとりやすいかもしれませんね。

 

また、症状固定時にはもしリハを継続して希望されている場合は前もって、患者さんへ説明しておくことが望ましいと思います。

 

 

-労災関係まとめ, 自賠責・第三者のまとめ

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.