医療事務の知識 実践!!対応事例集

断った方がいい?患者からのお菓子や贈り物への医療従事者としての対応とは

更新日:

医療機関の受付に限ったことではないのですが、特に看護師さんやリハビリのセラピスト、一番は医師などが手術時とか退院時に患者あるいはその家族から金品や贈り物を送られる(送ってこようとする)場合が多いのではないでしょうか。

 

病院によっては、その対応にマニュアルなどのがあるところもあるかもしれませんね。

 

ですが、別の視点から見て法的に問題はないのでしょうか。

 

今回は、法的な部分も含め病院としての在り方、正しい対応方法について書いていきます。

 

基本的な考え

医療従事者として一般的には、丁寧に断ることが本来の在り方ではないでしょうか。

 

そもそも送られる理由がないからです。

 

元々の本来業務を行っているだけで、謝礼等を求められる理由も送られる理由もないといえます。

 

診療行為の対価は、健康保険法に定める診療報酬点数等の請求によって確保されています。

 

それ以上の対価を求める理由はどこにもないからです。

 

国立の病院の場合

民間病院を除く、公務員としての立場にある医療従事者であれば(例えば、国立の病院、市立病院や郡医師会病院等)、国家公務員法・地方公務員法上の服務規律違反に該当する恐れがあります。

 

金品の程度は、社会的儀礼の範囲を超えるようであれば、刑法197条収賄罪に接触する可能性もでてきます。

 

刑法197条(収賄、受託収賄及び事前収賄)

公務員がその職務に関し賄賂を収受し、またはその要求もしくは約束をした時は、5年以下の懲役に処する。この場合において請託を受けた時は7年以下の懲役に処する。

よくニュースなんかで国会議員が捕まったりしているアレですね。

刑法となると、少し大げさかもしれませんが、あくまで社会的に過剰とも言える金品を受け取ってしまった場合は、これに該当する恐れがあるということですね。

 

 

民間の病院の場合

国立の病院と違い、公務員ではないので素直に受け取っても構わないのでしょうか。

 

刑法以外にも、医師法の中にこのような規定があります。

医師法第7条2項

略~又は医師としての品位を損なうような行為のあったときは、厚生労働大臣は、その免許を取り消し又は期間を定めて医業の停止を命ずることができる。

とあります。

 

医師としての品位にふさわしくない行為があった時の処分を規定しています。

 

ただ、金品の贈与箱の規定に該当するかどうかは別問題としても、明らかに社会的通念を逸脱している金品の贈与については医師法第7条が適用されることも考えられます。

 

お金目当てで、卑しい行為ばかりしていると医師免許を取られてしまいますよという決まり事のようです。

 

これほど医師というのは、社会的にも信用が厚く、影響力があるのでここまで規定しないといけないのですね。

 

正しい認識をする

金品贈与の問題は、基本的には”倫理”の問題です。

 

結局は、それぞれの医療機関の管理の問題ではないでしょうか。

 

上記のような法的な規制もなく、抑制するものがないと言うのであれば、各医療機関ごとに就業規則の中に『金品の受け取りを禁じる』等の事項を定めるのもいいかもしれません。

 

ただ、これにも問題はあり、法的には問題ないのに社内(病院内)ではペナルティを食らってしまうという不思議な事にもなってしまうかもしれないので注意が必要です。

 

基本的に医療機関は営利を目的としていないこととされています。

 

金品の贈与によって治療効果に差が出るものではないこと保険医療機関として、指定されていることの意味を医療従事者側がもっと認識するべきです。

 

実際の対応方法

それで結局どうしたらいいの??

というような感じになりましたが、参考までに、患者から金品等を送られたときの対応方法を私の病院のマニュアルに沿って紹介していきます。

 

院内掲示物

私の病院では基本的には患者さんからの贈り物はお断りしています。

 

院内掲示物にもしっかりとそのように明記し、張り出しています。

内容としては

『患者さまからのお心づけはお断りしています。

診療に対する対価は診療報酬として受け取っております。』

的な感じです。

 

このように、院内掲示物でジャブ的な感じを出しておけば、それを読んでやめる患者もでてくると思います。

 

まずは断る

患者さんが退院時などに

『お世話になったので、みなさんでどうぞ。』

とお菓子等を持ってくることがあります。

 

この時は、必ず一回は断りましょう。

 

さすがに、言われてすぐにありがとうございます!!

ってもらっていては、病院の質が疑わてしまいます。

 

おばちゃんなんかだとグイグイ来て、断りずらい部分もあるかと思いますが

そこは、持ちこたえてくださいw

 

2ラリー半のやりとり

このことは重要で、一度お断りした後に患者さんから

『そんな事を言わず気持ちなので受け取ってください』

と粘られます。

 

そこでさらに断ります。

 

それから、また患者さんから

『そんな事を言わず気持ちなので受け取ってください』

と同じように言われます。

 

さずがに2回以上、勧められたときは受け取りましょう。

これ以上断るのは患者さんに失礼です。

 

患者さんもホントに感謝の気持ちで持ってきているのに全否定をすることもできません。

人としての行動にシフトしていくわけです。

 

流れをまとめると

患者から贈り物→断る→患者から贈り物→断る→患者から贈り物→受け取る

といった感じでしょうか。

 

金品は受け取らない

上記の例はお菓子とかの場合に用いる対応です。

 

お金などを渡してくる場合には基本断る方がよいかと思います。

 

法的な規定もないのですが、人間欲がでるものでこういったことが続くと・・・

『こいつは金ださないから適当な対応でいいかー』

みたいなことになっちゃうんですよ。

 

そんなことにはならないと思っていても

”人は低きに流れる”

楽な方(お金儲け)へ走ってしまうんですね。

 

絶対にダメというわけではないですが、気持ちの面でも差が出てしまうのでオススメはしません。

 

まとめ

法律まで例としてあげましたが私の結論として”臨機応変に対応する”が答えだと思っています。

 

金品や贈り物全てを断る!!と決めてしまっては患者や家族に対して失礼だし、全てを受け取ってしまっては収集がつかなくなる・・・

 

こういったことにならないためにも、ある程度は各医療機関でマニュアルを作っておく。

 

それでも、断れそうになければ贈り物に応じて受けとるという対応でもいいと思います。

 

結局は人間(患者)相手なので”相手の気持ちを受け入れる”ということが一番ですね。

 

 

-医療事務の知識, 実践!!対応事例集

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.