医療事務の知識

地域連携室(相談員(ソーシャルワーカーMSW))と医事課の連携の重要性とは

更新日:

医療機関で医療事務として働いていたら他部署とのやり取りで、最も頻繁にやり取りする部署といえば、地域連携室(相談員(ソーシャルワーカーMSW))ではないだろうか。

 

入退院の連絡確認などを含めて少なくとも、私は1日1回以上は連携室とやりとりをしています。

 

今回は、そんな地域連携室(相談員(ソーシャルワーカーMSW))と医事課の連携の重要・必要性について書いていきます。

 

地域連携室(相談員(ソーシャルワーカーMSW))の業務

最近は、域連携室を設置する病院がほとんどで、地域における医療機関同士の連携が必要になっている状況です。

その中で、地域連携に関する業務を主とする職種として、病院の組織上に位置づける事が多くなってきました。

 

そもそも、相談員とはどのような業務を行うのでしょう。

 

例えば、紹介患者に対する返信(情報の共有)が完璧に行われていない事情などがあるため、まず、他院への返信(情報の共有)がきちんと実施できるようにすることから、連携室業務として取り組み始めている病院が多いと言われています。

 

だいぶ昔の話でしょうが、医師まかせであった(そういう時代があった)紹介患者とのやりとりや返信(情報の共有)の送付が

病院の組織的にチェックでき、漏れのないようにする。

そのための業務が地域連携室の基本ではないかと思います。

 

入退院・転院の連絡事項等を医師だけにまかせておいては、確実に連絡ミスなどが発生するリスクを最小限に抑えるという意味合いもあったのだと思います。

 

地域における連携とは、患者を仲立ちにした医療機関同士の信義に基づいた関係を構築することです。

 

さらには、地域における自院のポジションを明確にし、地域の医療事情を把握し、常に情報交換ができる環境を目指すことが必要ではないかと思われます。

 

地域連携室の標準的な業務基準があるわけではありません。

各医療機関ごとに求めるものが異なるわけですから、自院が必要とするものを具体化していなければいけないのではないかと思います。

まとめると・・・

他の病院と自院を繋ぐ架け橋的な存在それが連携室です!!

 

医事課との関わり

医事課との連携に関しては一心同体とも言うべき関係が必要ではないかと思います。

 

なんといっても、患者が最初に接するのは医事課受付です。

保健情報や紹介状、画像等情報を最初に確認するのも医事課です。

 

新患者か、初診を算定する患者か紹介状を持参しているかどうか、それらの確認はカルテなどの医事課情報をから取り込まなければなりません。

 

地域連携業務とは、そういったすべての情報を把握して連携している、いわば地域医療情報に関する自院版とは言える存在でしょう。

 

医療機能評価項目でも、地域連携、自院の患者との関わり等が十分に機能しているかと問われています。

 

昨今では、地域連携の充実を常に言われ続けています。

地域の実情を知らなければ、適切な医療を患者に施すことができない時代になっている!

ということを確認すべきでしょう。

 

医事課とソーシャルワーカーの連携

医事課と連携室は非常に似ています。

大きなくくりで言えば、事務部に属する存在と個人的に考えています。(実際の当院では、診療支援部に属しているが)

 

私の病院では

・特定入院料を算定している病棟に入棟できる患者か

・平均在院日数を維持するための退院調整

・病院のベット稼働率

などを図るためには、医事課だけでは不十分です。

他院などと連携をして、入院患者を呼び入れるのは相談課の仕事です。

これらは、ソーシャルワーカーと調整をしながら行っています。

 

ソーシャルワーカー → 実際の患者の受け入れ、転院の対応等

医事課  →   稼働率など数字を管理していく立場

 

こうして、役割を分担して初めて病院の利益に貢献できていけるというものです。

 

なんだかんだいっても、病院も利益第一ですので。

 

きれいごとではなく、本当に病院の利益になるために入退院や転院の調整がうまくできるか。

こういったことが、病院(雇い主)から求められるスキルになります。

 

まとめ

なんだかんだと、序盤は前書き等を書いていましたが、結局は病院の利益になるかどうかです。

 

そこの利益をどうやって生み出していくのか。

このことを、十分にソーシャルワーカーと連携して考えていかなければいけません。

 

私も最初は入退院の連絡だけおこなっていればよいと思っていました。

しかし、単純にそれだけでは病院を経営していくにはたりないんですね。

 

多少の食い違いはあるかもしれませんが、医事課とソーシャルワーカーで協力しながら病院経営に参加できるようになりたいですね。

 

 

-医療事務の知識

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.