医療事務からの転職

『難しい…』未経験の医療事務員が辞めたいと思うときの解決策とは

いざ、医療事務として働き始めたら、想像と違っていた事ってたくさんあると思います。

そういった職場の中で…

『仕事に行くのが嫌で嫌でしょうがない』

『仕事が難しく覚えられなくて毎日怒られてばかり』

『家に帰ってから毎日泣いている』

ネガティブに考えてしまい、『仕事やめたいな…』っていう事をいつも考えてしまいますよね。

普通の仕事でも誰でも最初は辞めたいと思う事はあると思います。

その中でも、医療事務ならではの”やめたい”って思うものがあるんですよね。

 

アドバーグ
実際に、私も『毎日のように、怒られて家で泣いていた』新人でした。

 

なので、そこらへんから少しでもアドバイスができればと思います。

本記事では、新人の医療事務員で仕事がつらいと感じている人に向けて解決方法を書いてあります。

 

業務の仕組みがわからなかった

私が医療事務として働き始めた頃一番最初に見つかった壁は、医療事務という業務全体の仕組みが全くわからなかったことです。

 

これは、未経験の方だけでなく医療事務の学校に行っていた人にもあてはまります。

病院の仕組み、保険請求を程度勉強していたとしても、勉強と実務では全く異なる感じ方で分からない事の方が多いでしょう。

 

病院の仕組みというのを全て把握するというのは、とてもじゃないけど新人のうちには難しいです。

なので、最初の段階で大事なの事はだいたいの流れをつかむだけで十分だと思います。

 

外来であれば受付から診察終了までの患者さんの流れ。

入院ってあれば、入院の受付から退院までの流れ。

 

それぐらいのことを把握しておけば、イメージがつきやすいので結構覚えやすくなってくるはずです。

メモ

仕組みを理解すれば、今、自分がやっている業務がどういった役割のものなのか?ということがみえてきますよ。

 

診療報酬が難しすぎて分からないのは当たり前

私は、医療事務の学校や通信教育を受けておらず、全くのド素人に加え、知識も0のまま医療事務に入職しました。

とりあえず、青本(早見表)を読んで勉強を始めたのですが、、、

 

内容が何ひとつわかりませんでした。

 

大袈裟ではなくて、本当に何もわからなかったんです…

何度読んでも、内容が文字としてしか頭に入ってこず、実際の点数計算と全く結びつきませんでした。

 

結局、何がわからなかったと言うと、本に書いてある手技や診療行為そのものが、何をしているのかということがわからなかったのです。

 

これではいけないと思い、

対策として

時間が空けば”医療用語集”などの、基礎的な用語が書いてある本を読みました。

そうすることで、だんだんと具体的な診療内容が理解できるようになるんですよね。

点数入力していても『この手技はこういった症状の時に行うんだ』となんとなくコツがつかめているような感覚になります。

 

早見表を読んで勉強するのはよいですが、実際の業務で経験したことが結びついて、初めて自分の頭に知識として蓄積されてきます。

やはり、基礎知識はとても重要です。

アドバーグ
ちなみに、独学で勉強するのももちろんOKですが、効率よく医事を基礎から勉強したいなら、ちゃんとした資格を取る事をオススメします。

 

参考記事 実際に私が危機感を感じて資格を取得したときの記事

>>医療事務に資格は必要か?正社員なら必須の資格になります

 

医療事務の学校に行っていた人でもわからない

医療事務の学校に行って勉強していた方でも、勉強するのは限られた項目のみだったと思います。

特に、基本診療料や処置や画像、注射や点滴といったところででしょうか。

 

しかし、実際に病院やクリニックにはいろいろな診療科があり、リハビリや精神、又は在宅関係については学校で勉強していなかったケースも多いでしょう。

 

ここらへんの知識については、ほとんど詳しく勉強をしなかったため、これらがどういったものなのか?といったところで混乱し、また、最初から勉強しなければいけないという大変な思いをしなければいけません。

 

『医療事務の学校に行っていたのに・・・』

なんて思う必要はないのかなと思う必要はありません!!スタートは、学校に行っていた人も、行っていなかった人も同じです。

 

資格試験と実務は違うので覚えられない

学校で勉強していた項目だったとしても、資格試験の勉強と実務では全然異なります。

管理料の算定方法一つでも、テキストには明確に指導内容が書いてあるけど、実務ではそこまで指導していなかったり、算定してもいいのかな?といったレベルのものも出てくるはずです。

 

テキストなどには、わかりやすく丁寧に診療内容も書いてあります。

しかし、実務ではそんなことはほとんどありえません。

メモ書き?と思えてしまうようなカルテ記事やメモがほとんどですからね。

医事の学校に行っている、行っていないで優越が付くこともないですから、一から慣れていくしかありません。

 

毎日のように怒られてばかりで辛いですよね

私も、臨機応変に対応が出来ず、物覚えが悪すぎて、毎日怒られてばかりの日々が続きました。

周りの同僚や先輩からは、「怒られるのが好きなんでしょ」とからかわれることも・・・

あまりに怒られすぎて仕事が終わった後に、毎日のように家に帰って泣きました…

 

毎日怒られるというのは、本当に辛いものです。

もういっそ、クビにしてくれればいいのにと本気で思ったものです。

 

もちろん、そう簡単にはクビにはしません。今は労働基準監督署がうるさいですからね。

病院側は、私から『辞めます』というのを待っていたんでしょうか。

私がこのとき相談したのはプロでした…

>>リクルートエージェント転職支援サービス 

 

当然、医事課の中でパワハラやモラハラも受ける

仕事でミスが多ければ、当たり前のように?パワハラやモラハラの対象にもなっちゃいますよね。

女性って集団になるとやっかいです…

  • 雑用ばかりさせられる
  • 嫌味を言われる
  • 自分だけ必要な連絡が来ない

こんな感じの状況が毎日続いてくるとホントにイヤになってきます。

 

私の場合、ミスをするたびに周りから

「さすが○○さん!!」

と精神的に苦痛を感じるような嫌味を言われ…

 

「あんたがやることは全て間違ってるから何もするな」

とののしられた事もありました…

 

あと、わかりやすいのでいえば、お土産のお菓子などを事務所の全員に配っているのに自分だけ配られなかった…

なんてこともしょっちゅうでした…(思い出しただけで泣けてきます…)

 

私の場合は、まだ軽い方かもしれませんね。

パワハラ、モラハラで辛い思いをしている方というのは、

もっと…

「今すぐ逃げ出して楽になりたい」「消えてしまいたい」と心の底から傷ついている方の方が多いでしょう。

 

先輩や上司は、何気なく言った一言かもしれないけど…

その一言が、あなたにとっては、本気で心の底から傷つく言葉だったりもするんですよね。

 

こういう状況が続いて、

「あっ、もうなんかどうでもいいや」

って、スイッチが入るようにやる気がなくなる時期がくるんですよね。

 

言われた事だけが仕事じゃない

新人の時は、『言われたことをしっかりやらなければいけない!!』と考えていましたが、今になって思えば、そんなことは全く気にする必要はないと思っています。

 

なぜかというと”言われたことをする”ということに意識を集中しすぎて、自分で考えるという機会がなかったからです。

また、言われたことをやるだけと、自分で考えて実行するのとでは、頭に入ってくる情報が全然違いますからね。

 

そして、何より一番私が言いたいのは、上司や先輩が言うことは絶対ではないということです。

新人の頃は、何もわからないので会社や上司の言うことが全て正しいと思い込んでいる部分があると思います。

 

でも、上司や先輩だってあなたと同じ人間です。間違った事を教えたり偏った意見を持っていて当然です。

なので、そんな個人的(身勝手)な振舞いに惑わされることはありません。

 

大事な事は、教えられた内容を自分で考え理解を深め、納得してから初めて自分の知識として身についていくということです。

人にいくら言われたって、自分で納得、理解していなければいつまでたっても覚えられませんからね。

上司や先輩の教えや説教は話半分に聞いておき、自分でその内容に納得できたのなら、その時は反省し自分なりに改善策を見つけ出していけばいいと思います。

 

会社(病院)はあなたの人生の全てじゃない

はっきりと言えますが、、、

”会社(病院)は、あなたの人生の全てではない”ということです。

 

つまり、上司や先輩の言うこと全てにとらわれる必要は全くないのです!!

上司や先輩に怒られたら『私ってダメなんだ』とか『物覚えも悪いし、仕事もできない人間なんだ』なんて思う必要もありません!!

 

仕事が終わったら、もう職場の人たちなんて関係ありません。

 

仕事が終わったら、そこからはあなた自身の時間であり、あなただけの人生です。

仕事は生きていくためのお金を稼ぐツールであり、人生の全てではありません!

 

それなのに、仕事を人生の基準に考えてしまうのはおかしなことです。せっかくの一度きりの人生ですから、悩んでばかりでは楽しくありません。

楽しんでいくためにも、仕事とプライベートの価値観の区切りはしっかりとつけていったほうがいいでしょう。

 

失敗ばかりのときの対応策

最終奥義として紹介したいのは、それは笑顔です。

社会人として必須のスキルとは思いますが、常に仕事中に笑顔でいることで、失敗をしたとしても怒られはするけど、それだけで周りからの接し方は違ってくると思います(良い方面で)。

 

普通であれば、ミスをすればするほど、嫌われたり距離を置かれたりするものですが素敵な笑顔である程度は相手の怒る気力も軽減されるはずです。

”ニヤニヤ”や”ヘラヘラ”とは違いますので使い方に注意。また、当然ですが、怒られてるときは真顔に戻りましょう

 

その人のキャラクターにもよるかもしれませんが、笑顔や愛想というのはとても大事な要素なんじゃないかなと思っています。

社会人として笑顔は必須スキルとなっていますもんね。

「自分、不器用なんで…」なんて時代遅れな事は言っていられません。

 

笑顔を作るのは大変だけれど、せめて常に口角をあげて不愛想にならないように心がけていきましょう。

 

新人のみなさんへ伝えたいこと

私自身の、入職時の医療事務としてのステータスは非常に低かったと思います。

もし、この記事を読んでいる人で同じように自分も仕事ができない…

『自分はダメなやつ』を思い込み、塞ぎ込んでいる人はいるかもしれませんが、そうなる必要は全くありません。

 

簡単なものじゃないと思うかもしれませんが

焦ってもすぐに状況が改善されるわけではありません。

 

なので、気長に状況が改善されていくのを待つのが最善の策なのではないかなと思います

もちろん、待っているだけではなく、この間に自分自身のスキルの向上、新しい知識の取得も行っていかなければいけませんがね。

 

ただ、そんな気長に待てない!!もう限界だから今すぐに辞めたい!!という考えが強いのであれば無理に続ける必要もないとも思っています。

 

まだまだ人生は長いです。

そして、可能性は無限大です。

 

一つのことや、一つの職場にとらわれず、もう少し軽い気持ちで毎日を過ごしていけば

気持ちが楽になって楽しいと思える場面も増えてくるはずです。

 

辞めるという選択肢を入れることであなたの未来が広がる可能性も

どんなきれいごとを言われようと、今が辛くて仕方がない。

すぐにでも『今の仕事をやめて転職したい』という人もいるかもしれません。

 

そんなときに、無理をしすぎて体や心を壊してしまっては自分のためになりません。

次の仕事につなげるためにも、健康あっての転職だと思います。

健康を害してしまうぐらい辛い職場環境なら、今すぐに辞めることをおすすめします。

 

自分一人でふさぎ込んでしまうのは、誰にも相談できずにいるからです。

そんなときは、まず誰かに相談するのが一番でしょう。

こちらの記事では、医療事務から初めて転職を考えている人に向けて、転職する際に考えるべきこと、ポイントを紹介しています。▼不安を感じている方はぜひ▼

 

関連記事

>>医療事務を退職したい…すぐつかえる理由&もっとかんたんな方法

 

-医療事務からの転職

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.