労災関係まとめ 実践!!対応事例集

仕事中のケガで国保や事業主、一人親方が受診した時の対応は

更新日:

普通の協会健保の人が仕事中にケガしたら労災っていうのはわかるんだけど、国保や一人親方が受診したときって労災使えるの?どうしたらいいの?って混乱するときってないですか?私はありました・・・

 

特に私は地方在住(とても田舎)なので個人事業主や一人親方が仕事中のケガで受診することって結構多いんです。

そんなときの対応方法について書いていきたいと思います。

 

保険証が国保の人が受診した場合

国民健康保険加入の場合で、労災保険の適用事業、適用労働者、特別加入者でない場合は業務上の傷病であっても国保の給付が受けられる(国保法第56条)

※適用労働者とは

・事業に使用され賃金を支払われるもの

・雇用形態、雇用期間に関係なく適用

・委任を受けて業務を行う者で、使用従属関係があり賃金支払いがあれば“労働者”とみなす

・事業主体と一体で“使用される者”でない場合は労働者とみなさない

一人でも、人を雇っている会社や個人事業所で労働者(雇われている人)がケガをした場合は、労働者は労災保険を使えるということになります。

 

一人親方が受診した場合

地方(田舎)などではよくあるのですが、国保加入の一人親方がよく来院します(私の勤め先の病院ではよくあります)。

上記(国保法第56条)からいくと、一人親方の場合は国保が使えるということになります。

『労災保険特別加入者証』持っていない場合は国保を使って請求してよいということになります。

 

労災にする場合

たまに、一人親方で『労災保険特別加入者証』を持っている(任意の労災保険に加入している特別加入者)場合があるので、そのときは地区労災保険加入組合等があるので、そちらの組合に5号用紙をお願いする。(任意の特別加入に入っている場合、国保は使えないので注意が必要です。上記、国保法第56条参照)

 

まれですが・・・・

後期高齢者の方が仕事中のケガで受診にきます。たぶん、個人事業だとは思うのですが・・・

さすがに労災はないだろうと思いつつ、一応、労災の特別加入に入っていないかとだけ声はかけています。

いまのところ私の経験上、後期高齢者で労災になった方はいません。

農作業中のケガってだいたいは個人の趣味で畑やってたりして仕事でないことが多いみたいです。

 

事業主が受診した場合

協会健保(社保)の事業主が仕事中のケガで受診した場合、基本的に労災は使えない。

しかし、5人未満の就業人数であれば健康保険証を使えます。

〔厚生労働省保険局長通知「法人の代表者等に対する健康保険の適用について」(保発0701002平成15.7.1)より〕

“被保険者が5人未満である適用事業所に所属する法人の代表者等(業務執行者を含む)であって、一般の作業員と著しく異ならないような労務に従事しているものについては、その者の業務遂行の過程において業務に起因して生じた傷病に関しても、健康保険による給付の対象とする。”

そもそも社長は保険証がつくれるのか

健康保険 ⇒ 法人の代表でも“使用されるものでないもの(個人事業主とか)”も法人から給与をうけているものは“その法人に利用されるもの”として取り扱い、被保険者の資格取得ができる(昭24.7.28保発74) つまり保険証がつくれる

 

労災は使えるのか?

“使用されるものでない”場合は労災保険不適用 つまり使えない。

(健康保険法第1条)に基づき健康保険は使えるけど労災は使えない。

 

2003年7月の通知により、事業主は仕事のケガは労災が使えない代わりに、健康保険証が使えるということになったようです。

 

まとめ

地方(田舎)はとくに一人親方や個人事業主が多いので、患者患者さんが『仕事中のケガで~』とか言ってきて保険証が国保とかだったら戸惑ってしまうかもしれません。

 

もし、患者さんが事業主若しくは一人親方本人と話しが済んでいて労災を使うと決まっていれば労災を使う方向でよいと思うし、使わないというように決まっていれば国保で請求してもよいと思います。

 

事業主若しくは一人親方本人が労災にできるのか、ということをどこまで理解しているか、患者本人からしっかりと話しを聞いて対応できたら、病院としても請求がしやすくなるのではないかなと思います。

 

 

-労災関係まとめ, 実践!!対応事例集

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.