医療事務の知識

施設基準と医療法の違い

更新日:

施設基準と医療法は同じような感じに最初は思っている人(知らない人もいる?)もいるかもしれませんが、少しだけとらえ方が違うようです。

簡単にですが違いを上げていきます。

 

施設基準

施設基準という言葉は聞いたことがあれば、知っている人も多いかと思います。

施設基準の場合は、医療行為及び病院の施設の充実を評価したものであり、その評価に対して、その分だけ診療報酬がもらえますというシステムです。

 

よりよい医療行為や施設であれば、その分診療報酬も増えるので、施設基準に該当させるために各病院でもいろいろな対策を行っています。

ただ、よい医療行為を行っていれば自動で評価されて診療報酬が増えるという仕組みではありません。

 

所定の書式があり、それに記入作成し、さらに実績などのデータも一緒に厚生局に提出をしなければいけません。

書式に数字だけを記入するのではなく、証拠となるようなデータもそえなければいけないので常に看護師の数や勤務時間の管理などを行っていかなければいけません。

 

そういった届け出を行うことで、初めて施設基準に適合したとして、該当の診療報酬を得ることができます。

 

医療法

施設基準は診療報酬のために重要なのですが、それ以前にしなければいけないことあります。

それは、病院を運営するために必要な医療法に基づいた届出です。

 

健康保険のいわゆる保険診療を行うには、必要最低限の条件がそろっていなければ病院として運営していくことはできません。

例えば、病床数などによって変わってきますが、病院には医師の数は何人いなければいけないとか、薬剤師の数は何人以上だとかです。

 

これをクリアしないことには、まず病院として名乗ることはできません。

ですから、医療法があっての施設基準という感じになってきます。

 

まとめ

人員配置や勤務時間などは決められた計算式が多く、覚えるのも大変です。

計算式の全ては青本や手引きに載っているのでそれに照らし合わせて作成していく必要があります。(今は入院基本料とかは(様式9)計算式が入ってるエクセルデータもたくさん無料である)

 

すべての施設基準、医療法を覚えるのは不可能ですが、自分の勤めている病院の病床数や入院基本料ぐらいの簡単なものは覚えておきたいものですね。

 

 

-医療事務の知識

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.