【家づくり】医療事務でも家が買える?

【家づくり】家を建てるときは覚悟が必要なのか

更新日:

家を建てると決めた時に一番最初に考えたことは、「本当にこれでよかったのだろうか」ということ。

家族で話し合って建てると決めたのは良かったのですが、建てるまではずっと心にモヤモアがありました。

 

同じようにモヤモヤや不安を抱えている人に読んでもらえればと思います。

 

仕事を辞めれれない

一番最初に思ったのは簡単に仕事を辞められない。ということでした。

 

それまでは、漠然とでしたが「いつか転職する」という気持ちがありました。

なので、今の仕事も心のどこかで軽く考えていた部分もありました。

 

しかし、今後、35年間毎月をローンを返していくんだとなったときに、仕事がなければ返済を行うことができなくなってしまいます。

もし、仕事がなくなったら、家の差し押さえや借金・・・

そういったネガティブな事を考えるようになってしまうんですね。

 

自分のスキルに自信があり、どこにいっても仕事をうまくやれる自信がある!!という場合には問題ないのでしょうが、当時の私は自分の仕事に対して、そこまでの自信を持っていませんでした。

 

なので、そこらへんが反映されてモヤモヤした気持ちを起こしていたのかもしれません。

 

転職の可能性は減る

今後、転職してキャリアップしたい。

新しい事に挑戦していきたい。

という目標がある場合は家を建てるのは時期尚早です。

 

もし、家を建ててしまったら、そこから動くことはこんなになっていまいます。

 

例え、自分がどうしてもやりたい仕事が県外や海外で見つかったとなっても、簡単にはそこへ就職することはできません。

引っ越しをするということができないんですね。

ここは、当然ですが頭に入れておく必要があります。

 

※今は、家も賃貸という形で貸すということもできるので、引っ越しも可能だとは思います。

しかし、地方在住だったり、あまりアクセスの良くない立地条件だと、なかなか借りてもみつかりません。なので、そこらへんの賃貸への移行をあてにするのは得策とはいえないでしょう。

 

また、転職することで給料が減ってしまう恐れもあります。

そういった事態を防ぐためにも、転職は厳しものとなってしまいます。

 

子供の学校の問題

今後、子供が大きくなって学校にかよい始めたらどうなるでしょう。

 

もし、自分の子供がイジメにあったら?

学校がどうしても子供合わなかった?

 

過剰な考えですが、私は最悪の場合、転校すればいいじゃないか。と思っていました。

 

でも、家を建ててしまえばそう簡単には転校なんてことはできません。

そこらへんも不安材料となっていました。

 

結局は、気持ちの持ちようとして、周りに私立の学校がたくさんあったので、最悪の場合、そちらに電車通学かな。ということで自分たちに言い聞かせました。

 

迷いがあるならやめるべき

普通、迷いがあるのに家なんて建てないのでは?と思われそうですが、そんな事はありません。

家を建てる!!と決めてから不安になることだってあります。

 

なので、あえてここで不安材料になりそうな事を書いてみました。

 

今から家を建てる人

もし、今から家を建てるという人で少しでも迷いがあるのならば、すぐに家を建てるのはやめるべきです。

確実にやめておいた方がいいです。

 

不安を抱えたまま家づくりをしても、全く楽しめないし、今後35年(ローン)が不安でしょうがないと思います。

 

一生の買い物ですので、焦る必要なないと思います。

増税するからとかそういったのは気にする必要はありません。

 

自分がいかに”家が欲しい”と思った時に買えるか、ということが重要です。

それまでは、しっかり貯金をしておきましょう。

 

家を建てるにはどんな覚悟が必要か

最後に、家を建てるときに必要な覚悟は”ローンを払い続ける”という覚悟だと思います。

当たり前だけど重要なことです。

 

もし、家は欲しいけど、ローンが辛そうという人は、今すぐに建てるのはやめた方がいいでしょう。

きっとお金の事で後々に家族ともめることになるでしょう。

 

住宅ローンを安くする努力

ローンを払い続ける覚悟と同時に”ローンを安くする”という努力も必要でしょう。

 

少しでもローンが少なくなれば、冒頭でも挙げた仕事を続けなければいけなくなるとか、転職しづらいといったことも軽減できるはずです。

 

家を建てるときの不安の多くは金銭面的な部分が大きいと思うので、すこしでもローンを安くしておけば不安も軽減できます。

 

まとめ

結局、なにが言いたかったのかというと家を建てるときの不安の原因は、ほとんどがローン(お金)にあるということ。

そこらへんをしっかりと理解した上で、家づくりというのは行っていかなければいけないということですね。

 

 

 

 

-【家づくり】医療事務でも家が買える?

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.