【医療事務に必要な資格】資格をとるためには

シングルマザーに医療事務はオススメの仕事!!これから転職、再就職を目指す人へ

更新日:

子育てもひと段落し、再就職をしなければ!!なんて事を考えたときに、よく耳にはいってくるのが“医療事務”という職種ではないでしょうか。

 

よくCMとかでも宣伝されているので、馴染みはあるものだと思います。

なぜ、こんなにも医療事務という職種が主婦に人気あるのでしょうか。

 

また、どういった理由で主婦にオススメなのかという部分について詳しく説明していきます。

※私自身が現職の医療事務として働いていますので、そういった現場からのリアルな情報となっています。

 

医療医務の仕事内容

医療事務の主な仕事内容を簡単に書いていきます。

・会計業務

・受付

・レセプト業務

メインとなるのはこういた業務になります。

 

もし、未経験の方といのであれば、ほとんどの場合は受付業務から行っていくことになります。

徐々に経験を積んでいき、仕事を覚えてきたらレセプト業務など任されていくといった流れになります。

 

また、病院とクリニックでの働き方が違ったり、募集している勤務形態も異なってきます。

 

病院の募集する勤務形態

大きい病院の場合

大学病院や市立病院、総合病院となると規模も半端なく大きくなるので、それぞれの診療科に配属されるといった形になります。

勤務形態としては現状では”派遣社員”が多いようです。

 

また、パートの場合は電話対応や、総合受付の案内役などの役割が多そうです。

 

小さい病院の場合

大学病院や市民病院のように、大きくはないけれどクリニックよりは大きい、いわゆる中規模病院になってくると、仕事内容としては、病院全体の事を行わなければいけません。

オールラウンダーとして色々な事を覚えなければいけません。

 

その分、大きな病院に比べて、仕事内容が充実しているので刺激があってやりがいもあります。

ただ、慣れてくると仕事量の割に給料が低い・・・

と考えてしまうこともあるので注意が必要です。

 

また、最近ではパートではなく正社員として募集している病院も多いです。

それだけ、医療事務という仕事は専門的な職種であり、正確な技術が必要とされているということです。

 

なので、正社員として狙うのも十分に有りだと思います。

 

クリニックの場合

クリニック(診療所)の場合あほとんどが受付メインのパートさんになってきます。

患者さんの数自体が少ないので、レセプトもそこまで人数を要しないといった感じです。

 

受付も大変な仕事ではありますが、病院と比べれば全体的な患者さんの数も少ないので働きやすいでしょう。

個人的にオススメなのは、個人のクリニックで田舎の方にあり1日の患者さんが少なそうなところです。

 

パートが多い

医療事務はパートで働く割合が多いです。

特に、クリニックなどの規模の小さいところなどは、午前中の忙しい時間だけ働く。ということもあるでしょう。

 

しかし、パートととはいえ医療事務として働く上では、正社員と同等の知識や対応を求められます。

患者さんや医師にはパート、正社員というのは関係がないですからね。

 

なので、専門的知識が求められパートの仕事内容ではない!!

って思ってしまうことも少なくありません。

 

そういったことも予想されますので、本気で医療事務として働こうと思っているのならばパートではなく正社員として働くことをお勧めします。

 

ただ、ここらへんは自分達のライフスタイルもあると思うので無理に正社員になったほうがいいというわけではありません。

あくまで“自分のライフスタイルに合わせた働き方”というコトが大事なポイントになります。

 

男性の医療事務がいる病院は良い職場

私自身は医療事務としては珍しい男性職員です。

男性目線で職場を見ていると、女性はとても優遇されている立場にある!!

と感じされられるシチュエーションが多々あります。

 

それはいったいどういうシチュエーションでしょうか。

 

男性の事務員が多く働いている病院は、どうして主婦の方にオススメできるのか、その理由について書いていきます。

 

男性がいれば女性は早く帰れる

男性が多い病院の場合、女性は早く帰れる傾向にあります。

なぜ、そのような現象がおこるかというと理由は“残業代”にあります。

 

医療事務は一般的にはお給料が低い職種となっています。

そのため、男性の給料として家族などを養っていくには心もとない金額しかもらえていません。

 

そのため、少しでも多く給料をもらうため、多くの残業を希望する場合があります。

なので、必然的に女性の仕事の量が減り、男性には仕事量があるというわけです。

 

レセプト時期も残業なし

男性の多い事務所では、女性はレセプト時期でも残業をしていません。

上記で述べた残業代が影響しています。

そのため、レセプト時期になるとほとんどは男性が残ってレセプトを行っています。

 

また、女性が行うレセプトの内容も外来がメインとなっているため、そこまでの作業量が要求されないんですね。

 

特に最近では、レセプトのチェックソフトというものが充実していますので、資格取得の勉強内容のようなガッツりしたレセプトというのも行われなくなってきています。

 

ほとんど、パソコン上でチェックをかけていき、人間は訂正のみ行っていくといった感じですね。

なので、資格を持っていなくても十分に対応はして行ける業務内容になってきています。

 

ただ、ここら辺はデメリットもあります。

医療事務といえばレセプトを代表格として表現をされるぐらいのものなのですが、そのレセプトがないとなると、残業代が発生しません。‘

 

残業代が発生するほど働かなくて良いわけですから当然といえば当然です。

なので、少しでも稼いで家計の足しにしたい!!という考えが少しでもあるのならば、改めて考え直す必要がありそうです。

 

お局様の抑制

男性が職場にいるということだけで、お局様への抑止力へも繋がってきます。

医療事務で“お局様”といえば嫌な上司ナンバーワンの存在ですからね(笑)

 

そういったお局様からのイジメや嫌がらせを少しでも回避できます。

男性がいるとバランスがとれており、女性ばかりの職場とならないため、女性特有のグループであったり、イジメの対象となるケース少なくなります。

 

また、男性がいるということで、お局様も話し相手がいるので、世間一般的に言われる嫌なお局様の存在確立もグンと低くなってきます。

お局様が存在する理由もなくなるわけですからね。

 

子育て世代も休みが取りやすい

男性は女性と違い、産休や育休をとることがありません。

最近では男性も育児休暇をとるケースも見られますが、現状では男性が育児休暇を取得するケースというのはまず有りません。

 

また、子育てに関しても女性が「子どもが熱を出したから休みます」なんてことはありますが、男性がそういって休むことなんてまずないです。

 

なので、男性は急に休むもこともないので女性の変わりの業務を行ったり、子どもの看護で休んでも穴埋め(業務のカバー)が十分にできる体制となっているんですね。

 

さらに病院は看護師さんなど女性が多い職場です。

そのため「子の看護休暇」なるものが有給とは別で用意されていることが多いです。

 

なので、子育て中のお母さんであっても安心して休みをもらえます。

 

福利厚生の充実

上記の休みが取れやすいとかぶりますが病院は福利厚生がしっかりしています。

病院は一般企業とは異なりつぶれるという心配もありません。

 

また、福利厚生も充実してる傾向があります。

休みが取れるのもそうですが、健康保険の加入や労災、また企業年金や財形貯蓄といったものまでそろっているところがほとんどです。

 

日常生活でのメリットとして目立つものではないですが、いざそうなったときは本当に助かるはずです。

今は、勤務時間を規制して健康保険の加入をしない企業も増えてきています。最悪の場合、労災に加入していないなんて会社もあるかもしれません。

 

そう考えたときに一般企業よりは病院やクリニックのほうが福利厚生の面で優遇されているといえるでしょう。

 

一度経験をつめばどこでも通用する

他でもよく言われることですが、一度、知識を身につけてしまえばどこでも通用するのが特徴の職業です。

 

ただ、注意点は一概に全ての病院で適応できるかというとそういうわけではありません。

そこだけは覚えておいてください。

 

診療科が違ったり病院とクリニックで対応が違ったりと様々な違いがあるので、それに対応していくのは結構大変だと思います。

 

これは医療事務に限らず、他の仕事でも同じことが言えますけどね。

また、転職後に仕事に慣れるのには個人の力量もあると思うので、“医療事務だから転職しても大丈夫”と全てを鵜呑みにしてしまうのは良くありません。

 

しかし、医療事務の基本は同じなので、知識の土台ができている分は有利と言えるでしょう。

 

地方でも活躍できる

転勤して地方に行くことになっても、医療事務であれば求人募集は数多くあるでしょう。

むしろ、田舎に行け行くほど求人募集の数は多いはずです。

 

それだけ、どこの医療機関も人材不足に困っています。

なので、求人数は圧倒的に多いので仕事に困ることというのはほぼないでしょう。

 

求人が多い病院は注意

上記では地方でも求人が多いと書きましたが、都会でも十分に求人は多いです。

都会でもやはり人材不足なのでしょう。

 

ここで注意したほうがいいのは、求人が多い≒すぐ辞めるといった可能性が高いです。

職場の環境があまりよろしくない勤務先だったりする場合があります。

 

そういった求人を出している病院は面接してすぐに採用となるケースが多いと思いますが、その分辞めるスピードも速くなる可能性も高いです・・・

募集を見るときは、そういった部分も見る必要もありそうです。

 

しかし逆の発想で、どこの病院やクリニックでもいいので就職してしまって、嫌だったらすぐに辞めるという方法もあります。

辞めてしまっても知識と経験さえあれば、医療事務を求人募集している病院やクリニックはたくさんあります。

再就職先に困ることはまずないでしょう。

 

そこらへんは、医療事務のメリットであり、求人が多い理由にもなっています。

 

給料が低いのは辛い

医療事務は世に言う“給料が低い”職種です。

忙しい業務内容にも係らず、それに見合った給料が出ていない!!なんていう人も少なくはありません。

 

しかも、資格取得や勉強会への参加をしてもそれにインセンティブ、つまり仕事をやった分だけの評価がされません。

個人の考え方にもよりますが結構つらい部分であります。

 

どれだけ向上心があっても、どれだけがんばっても評価されにくい職種であることは間違いありません。

 

ただ、上記でも挙げたように女性が優遇されるような職場の場合は、あくまで家計の足しでと割りきった考えで働くのもひとつの手かもしれませんね。

 

仕事はあくまでお金をもらうための最低限のツール・・・

というように考えることができ、定時で帰れて毎月決まったお給料をもらって、たまに急な休みももらえるならラッキーと思える人にはピッタリだと思います。

 

まとめ

・特にこれといってやりたいことがない

・家計のために少しでもお金を入れたい

・仕事よりも家庭が優先だ

というような人にはオススメの職業です。

 

勘違いしないで欲しいのが

「医療事務は定時で帰れて楽だ」

「素人からでも簡単に始められる」

という間違った情報を持っていることです。

 

仕事をする以上は、楽な仕事などありません。

 

これはどこの職場でも同じですが、医療事務だって同じです。

大変な仕事なんです。

 

でも、それ以上に待遇の面で融通が利いたり、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるので、そういった面では医療事務は本当に良い職業だと思います。

 

資格取得をしようかな・・・と思ったら

継続して勉強を続ければ、資格取得は独学でも合格は十分にねらえます。

しかし、実際に勉強してみたり、勉強開始前に問題集を軽く読んだりした段階で自分には、独学じゃ厳しいかも・・・と思ってしまうかもしれません。

 

そう思ってしまった場合は、通学講座を検討してみるのもアリかもしれません。

 

通学講座のイメージとしては、通信教育よりは手厚いサポートを受けることができるけど、専門学校よりは専門的な勉強をする時間が少ないといった感じです。

通信教育<通学講座<専門学校

といった位置づけの勉強方法になります。

 

実際に、学校の授業のような形式で授業が行われ、担任の先生がついてくれるなどの、専門学校と同等の指導を受けることができます。なので、勉強内容としては、専門学校にも負けないぐらい充実したものとなっています。

 

また、受講時間も夜の21時までと、平日の昼間は仕事や家事で忙しい人のためにも優しいシステムとなっています。忙しい生活の中で、たくさんの時間をかけて試験勉強を行うよりは、最短で合格するために通学講座というのも一つの手段と言えます。

 

個人的には、通信講座の方が実際に人間と向き合って勉強を行えるので、モチベーションの維持にもつながるし、新しいコミュニケーションが生まれて楽しい気持ちで勉強もできると思います。

 

もし、通学講座を検討されるのであれば、まずは資料請求を行い、そこから自分のライフスタイルに合っているか?この勉強方法は自分でもできるのか?といったことを判断したうえで申し込むのが確実かと思います。

資料請求はこちらから

⇒ 医療事務の通学講座

 

 

 

-【医療事務に必要な資格】資格をとるためには

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.