【家づくり】医療事務でも家が買える?

【家づくり】建物価格1,700万円って安いと思ったらそれだけでは家は買えません

更新日:

CMやら広告で『本体価格 1,700万円』とかって書いてることはよくありますよね。

仮にフラット35で購入したときに月々の支払いって6万円しないぐらいで買えちゃうんですよね。

 

そしたら『安いっ!!買える!!』ってなるけど・・・

実際はこれだけでは家は買えないようです。

 

この”本体価格”以外にどれ位の費用が追加されるのか、実際に私が家を建てた時を例に挙げていきたいと思います。

 

オプション工事

オプション工事は基本的は家の費用とは別で

・勾配天井にしたい

・ロフトが欲しい

・吹き抜けにしたい

・造作の棚が欲しい

などといった細かい注文部分です。

 

家の基本的な間取りや材料などはプランナーさんが提案してくれますが、このオプション部分に関しては自分たちの好きな希望を取り入れていくといった感じです。

 

なので、全く要望がなければここはゼロ円で済みますが、せっかく自分たちのマイホームを建てるのに「全く要望がない」という事はまずないでしょう。

 

私の家のコンセプトは費用を抑える事でしたが、それでもオプション工事を何個か依頼したので、合計で100万円ぐらいになりました。

これでも私は少ない方だったようです。

 

付帯工事

大きく言えば外構工事、庭や駐車場の費用のことです。

家を建てる以上は庭は必須ですし、地方で車が必要な人は駐車場も必須になります。

 

他にも

・水道の引き込み

・テレビアンテナの設置

・地質調査料

・残土処理

など、家を建てるうえで必須の項目が多いです。

また、ここに登録の手数料だったりを含めるところもあります。

 

そういった部分の費用なのですが、これがまた費用がかかります・・・

私の場合、駐車場2台分で地面はコンクリートにしました。

 

そうした場合にかかったのが合計で350万円ほどでした・・・

 

素人意見では、家と関係がないのにこんなに費用を払うのはバカらしい!!とも最初は思ったのですが、絶対に必要不可欠な事であり、どこのメーカーさんもこの金額はどこも同じになるで諦めました。

 

合計どれぐらい

結局、合計すると

・家本体価格 1,700万円

・オプション工事 100万円

・付帯工事 350万円

合計 2,150万円ぐらいになります。

 

さらに、土地まで購入するとなると別で費用も発生します。

 

なので、まとめると・・・

1,700万円と聞いたら安く感じると思いますが、それ以外にも最低でも400万円以上はかかると思っていた方がよさそうです。

やはり、家を建てるということはハードルが高いと感じさせられます。

 

ここら辺の費用については、ハウスメーカーによって振り分け方が異なってきたりするようなので、見積もりを依頼するときはここらへんの見比べも大事になってきます。

 

住宅ローンが気になったらまずは相談から

家が欲しいな~と考えた時に一番気になるのが住宅ローンだと思います。

 

『所得が低いけど、住宅ローンは組めるのか?』

『そもそも住宅ローンの仕組みがいまいち分からない』

『家を建てた後の家計はどうなる?』

 

といった分からない事が重なり、家づくりが始まらない、始められないという人も多いかと思います。

もし、そういった事で悩んでいるのであれば、まずは住宅ローンのプロに相談をしてみるのもいいかもしれません。

 

資料請求とかお店に行くとかではなくて、単純に電話だけなので、軽い気持ちで利用ができるのでオススメですよ!

⇒ 家・保険・住宅ローンについての不安をサポート!【住宅本舗の電話相談】

 

-【家づくり】医療事務でも家が買える?

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.