自賠責・第三者のまとめ

事故で健保使用している患者の診断書が欲しいと保険会社が言ってきた場合の対応

投稿日:

自賠責を使用している患者であれば、病院から保険会社へ診断書や明細書の作成、請求までを一括して行う事は可能です(あくまで医療機関ごとの同意書を取り付けた場合に限ります)

 

しかし、保険証を使用して受診している場合はどうでしょうか?

別の記事でも紹介しているように、保険証を使用しての支払いに関しては、病院と患者の間の医療契約のもと、やり取りを行います。

第三者行為とは、その仕組みと医療機関での取り扱い方法について解説

交通事故で保険証を使用する場合(第三者請求)

 

なので、第三者である保険会社が診断書を依頼してきた場合というのは、保険会社は関係がない立場に該当するため、自賠責同様に診断書を発行してよいのでしょうか?

 

基本的に、普通に作成して請求している医療機関も多いかと思いますし、間違ってはいないと思います。

 

ただ、同意書関係や自費費用の取り扱いに厳しい医療機関については、この限りではないかもしれません。

私の病院は厳しいほうの部類に該当します。

 

今回は、交通事故患者(自損事故や加害者)で健保使用している患者の診断書が欲しいと保険会社が言ってきた場合の対応についてまとめてみました。

 

診断書費用の基本的な取り扱いについて

健康保険証を使用しての診療を行っている場合の診断書の発行については、基本的には、本人からの依頼により作成を行っています。

 

取り扱いとしては、通常の患者さんと同じになりますので、診断書の依頼の金額に対して同意していると証明するため、金額に対しての同意を兼ねた申込書に記入をお願いするのが望ましいです。

 

保険会社から送られてくる同意書の中にも『診断書に対して~許可します~』と記載はありますが、それはあくまで、診断書の発行に対してのみ同意すると考えられるため、別で金額に対して同意を得ていると証明するために申込書の記入をお願いしたほうが望ましいです。

 

これらは、通常は患者さんからの依頼に対して行う対応ではありますが、保険会社から診断書を依頼されるということであれば、他の患者さんと同じような扱いで申込書を書いてもらったほうがいいでしょう。

 

※健保使用となると、保険請求分と自費分の費用を明確に分けなければいけない。

自費分については、保険診療分と混在しない(わかりにくくならない)ように、患者から費用に対して同意を得ることが望ましいということです。

これらは、個別指導でも指導のあった項目なので、自費で費用が発生する分に関しては基本的に同意書を書いてもらわなければいけない。ということでした。

 

申込書を書くのが面倒だと言う場合

もし、難しいということであれば自賠責と同じ自由診療の取り扱いでよろしければ、申込書が無くても、直接、保険会社からの依頼で作成することも可能です。

※私は、当院専用の自賠責用に診断書の費用の同意、委任も兼ねた同意書を作成しているため、患者本人にそちらの記入だけでしてもらえば、後は通常の自賠責同様にすべて申込書無しでも依頼を受けています。

 

自賠責費用へ誘導する

基本的には、自賠責と同じ扱いにするほうをオススメしています。

上記のような流れを説明すると多くの保険会社は『面倒ですね・・・じゃあ、自賠責(自費)で対応をお願いします』的な感じで変更してくることもあります。

 

個人的には自賠責であれば、請求方法などについても統一がされているので管理もしやすいので、こちらへ誘導することをオススメします。

 

まとめ

健保使用の患者でも、保険会社から送られてくる同意書だけで診断書や明細書の作成、請求まで行っている医療機関は多いです。

 

私の病院は厳しく対応しているので、よく保険会社から『ほかの病院と対応が違いますね』とか『手続きが面倒なんですね』なんて嫌味を言われることがちょくちょくあります(笑)

 

どちらが正しいとか、そういった明確な決まりごとはないと思うので、医療機関ごとに対応方法を変えていけばいいのかなと思います。

 

 

-自賠責・第三者のまとめ

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.