自賠責・第三者のまとめ

事故にあってしまったときの病院受診の流れ!支払いをしない簡単な方法とは

更新日:

交通事故を起こしてしまった場合、なにからどうすればいいの?と疑問に思うことだらけだと思います。初めてのことで、一体どうしたらいいのか・・・

 

事故患者の病院受診でよくあるパターンが、受診の流れがわからないまま「体が痛い」、「とりあえず異常がないか検査のため」に病院受診に行くケースがほとんどだと思います。

 

一通り、検査や診察を受けて、「さあ、これで一安心だ!」と思っていたら、病院の受付で「医療費の支払いなんですけど・・・」と聞かれれることになると思います。

 

そうなったときに、よくわからないまま病院受診をしたものだから、支払い方法について保険会社と話なんてしていなかった、もしくは、話をしたけどパニック状態だったため、内容をほとんど覚えていない。というケースも多いでしょう。

 

なので、今回は、そんなときの事故で病院を受診したときの支払い方法について、患者さんの立場にそって説明していきます。

 

事故直後にやるべき事

病院受診の前に、事故を起こした直後というのは、まず行わなければいけないことがあります。

事故で重症のケガ人がいる場合は救急車、治療を最優先に行います。

それ以外の場合は下記の流れでいいです。

 

①事故現場、加害者と被害者の車両の確認

まず、交通事故に遭遇した場合は現場の確認を行います。

現状を把握しておかないと、後から警察とかに状況を伝えることができません。

また、後々、自分の立場が悪くなる可能性もあるのでしっかりと確認を行いましょう。

 

②警察への通報

これは必須事項です!!絶対に行いましょう!

よくあるパターンなのですが、交通事故を起こしたのに警察には連絡をせずに、当事者同士で示談で解決させてしまうことがあります。

 

これはよくありません。このような対処をしてしまうと、後になってから、保険金を請求する際に必要な”交通事故証明書”が発行してもらえない可能性がでてきます。これも、後々、不利になることがあるので、もらえるように警察には必ず通報するようにしましょう。

 

③事故現場の保存

事故直後で他の車の通行を邪魔しそうな場合は、事故の状況を確認したのち、車両をどかせるようにしましょう。

交通量が多い場所や、移動が難しい場合は、逆に危険なので無理に行う必要はありません。

 

④損害賠償を請求するために必要な事項をメモする

人身事故や車、建物などを破損した場合は加害者(保険会社)へ損害賠償を請求することができるので、下記の事項をメモにとっておくと安心です。

※基本的には保険会社が仲介するので、ここの項目は無理にする必要はないかもしれません。あくまで、加害者が怪しかったり、保険会社が介入しなさそうな場合は行ってください。

 

①加害者車両のナンバープレート、車種、車の色

②加害者の住所、氏名、電話番号、勤務先の確認

③加害者車両の車検証、自賠責保険証、任意保険証の確認

 

これらをメモしておけば後から逃げられることもないので安心です。

 

病院受診をするまでの流れ

さて、ここからが本題です。

病院受診をする際の流れを順番に書いて行きます。

 

損保会社への連絡

なによりも、一番、ここが重要になります。

損保会社(加害者の任意保険会社)へ連絡しないことには、次に進むことができませんので、相手の損保会社への連絡を最優先にしてください。

 

連絡する内容としては

①交通事故が発生したこと

②契約者、被保険者の名前、住所、電話番号

③保険証券の番号

④事故発生の日時と時間

⑤事故発生の場所

⑥事故の原因

⑦警察への連絡の有無

⑧受診する病院名

 

連絡する項目がたくさんありますが、基本的には損保会社が誘導して聞いてくれるので、それに従って答えていけばいいです。

 

それよりももっと大事な事は、⑧の受診する病院名を伝えるということです!!

後述しますが、病院受診で医療費を支払わなくて済ませるためにはここが必須です。

 

病院での支払い方法

基本的に上記で損保会社へ連絡を行い、『自賠責を使用する』と決まれば、その旨を病院側へ伝えてください。

自賠責を使用する場合は、病院から損保会社へ直接、医療費の請求を行いますので、患者本人が支払いを行うことはありません。

 

医療機関ごとで、方法は異なると思いますが、基本的にはどこの病院でも支払わなくて済むはずです。もし、自賠責を使うと分かっているのに、窓口での支払いを求められたら、損保会社へ相談してみましょう。

 

自賠責を使うと分かっているのに、自分で一旦は支払いをおこなってしまうと、後になって”払い戻し”や”被害者請求”といった面倒な処理をしなければいけません。

 

なので、スタンスとしては”自賠責を使うので支払いはしない!!”という態度でいいです。

 

自賠責以外の場合

もし、保険会社と話をして自賠責は使わない、もしくは使えないと言われたら(ただの自損事故や過失が大きい場合は使えないことがある)、素直に自分の保険証を使用して支払いをしましょう。

 

注意

明らかに被害者である場合なのに、自賠責を使わずに保険証の使用を促してきた場合は注意が必要です。これといって被害者に大きなデメリットがあるとかそういったことはありませんが、保険証を使用するかしないかは、患者自身が決めることです。なので、なぜ保険証を使わなければいけないのか?といった事を確認しておく必要があります。

 

自賠責を使わない場合は、支払いに関しては普通のケガなんかと同じになりますので、他の患者さんと同様に窓口で支払いを行います。

 

また、保険者(保険証を発行しているところ)に「事故だけど保険証を使って治療をします」と連絡をしなければいけません。これが、書類とか書かなければいけないので、結構面倒かと思います。

 

なので、保険証を使用する場合というのは、なぜ使うのか理由を聞いて、納得した上で使用するのが望ましいです。

 

※参考

交通事故で保険証を使用する場合(第三者請求)

 

どうやって支払うか決まっていないとき

自身の過失が大きかったり、事故の状況が把握できていない場合という事もあります。そういった場合は、損保会社も自賠責を使うのか保険証を使うのか、判断しきれない部分もでてきます。

 

そういった支払い方法が決まっていない場合は、とりあえず病院側にお願いをして、支払いを保留にしてもらいましょう。(だいたいは、保険会社から病院側へお願いの電話をしてくれます)

その後、支払い方法が決まった段階で、病院へ支払いをするのかどうか判断しましょう。

 

多くの医療機関では、相手の損保会社の連絡先さえ分かっていれば、支払いを保留にしてくれるところが多いです。

 

しかし、中には…

一旦は自費で支払ってもらう OR 預り金として5,000円、10,000円ぐらいを徴収される

ところもあります。

 

こういった決まりに逆らうことはできませんので、素直にしたがいましょう。支払い方法が決まった段階で、後からそのお金は戻ってきますからね!

※医療機関も鬼ではないので、手持ちが足りないときは素直に相談しましょう。そもそも、事故なんて予想外のことですから、手持ちを準備しているはずもありませんしね。

 

病院受診の注意点

基本的には、損保会社へ連絡をした段階で指示をだし、誘導してくれるので安心です!

 

ただ、損保会社も注意が必要で、自賠責以外を使う場合(保険証使用する場合)は、なぜ利用しなければいけないのか、しっかりと説明を受け、なおかつ、自分でメリット・デメリットを理解しなければいけません。

 

損保会社は、頼りになりますが、それでも自分自身でもちゃんと理解をしておかないと、後々面倒になって大変な思いをするのはあなた自身ですからね!

 

事故で病院受診する際のまとめ

事故で病院受診をする際に重要なことは、

・損保会社にすぐに連絡をする。

・損保会社に受診する病院名を伝える。

この2点を行うことです。

 

これさえ行っておけば、後はどうにかなります(笑)

被害者請求とか加害者請求とかありますが、自賠責を使うのであれば、保険会社へ一任してしまうのが一番楽ですし確実な方法かと個人的には思っています。

 

-自賠責・第三者のまとめ

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.