自賠責・第三者のまとめ

交通事故による接骨院と自賠責保険の関係 その問題点とは

更新日:

病院の受付で、交通事故の患者さんからよく「接骨院(柔道整復師)にも行った方がいいのかな?」と聞かれることがあります。

 

もし、病院の治療でよくないと感じているのなら、接骨院やあん摩・マッサージを試してみるのも一つの手だと思います。

 

ただ、そうなったときに、それらの治療費は自賠責に適応されるのでしょうか?これがもし、自賠責に適応されない場合は、自分での手出しになるため高額になってしまい、取り返しのつかないことになってしまいます。

 

なので、今回は、接骨院とあん摩やマッサージなどと自賠責保険の関係について書いて行きます。そして、その問題点も挙げていきたいと思います。

 

※参考

自賠責の症状固定に納得いかない!保険会社に一方的に打ち切られたときの原因と対応

 

交通事故によるケガでも接骨院で自賠責保険が使えるか

交通事故によるケガであっても、医療行為としてではなく、「医業類似行為」であることを承諾していれば接骨院で施術を行ってもらうことも可能です。ここらへんは、あくまで患者本人の判断になります。

 

ただし、接骨院で施術を継続的に行う場合と言うのは、病院などのように診断書を書いてもらうことができませんので注意は必要です。診断書は原則、医師が作成するものですので。

 

また、接骨院の施術費は医療機関と同じように、治療行為や使った治療器具などに対して請求を行います。交通事故ですので、病院と同じように、接骨院でも“自由診療”として自費扱いになります。

医師が必要性を認めて、接骨院で治療する場合は、医療保険の適応範囲です。なので、治療行為であると認められるものに関しては当然、自賠責は使えます。

 

医療保険の適応範囲ではない治療に関しての自費分の施術費は、自賠責の一部として請求できることが多いです。ほとんどのケースは、この接骨院の費用も含めて自賠責のほうで補償してくれますが、賠償責任のある加害者(保険会社)に補償してくれるか確認をとったほうがより確実でしょう。

 

交通事故によるあん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師(接骨院以外のもの)の施術費は自賠責で請求できるのか

加害者(損保会社)が認めるなら施術費を請求することは可能ですが、施術を受けるためには、原則として健康保険の場合と同じように「医師の同意書」が必要になります。

 

「医師の同意書」は、医師による適切な治療手段のないものに限り発行します。

この医師の同意書は、病院やクリニックの保険医療機関で作成してもらうことができます。

 

医師の同意書作成してもらうまでの流れ

医師が作成するものですので、原則的に保険医療機関で発行してもらえます。

 

病院で発行するものですので、流れとしては

病院受診→医師へ同意書を発行してもらえるか相談→OKがでれば発行

 

といった感じで、必ず病院を受診しなければいけません。医師も患者の状態を把握せずに同意書を発行できませんからね。

※あくまで医師が必要と認めた場合であり、必要ないと判断されれば発行はしてもらえませんので注意が必要です。

 

ちなみに、この同意書作成の費用に関しては保険請求ができます!

『B013 療養費同意書交付料』100点という項目です。

なので、保険証を使用していれば保険請求の事故負担分だけで済みますし、自賠責を使っている場合は、自賠責保険へすべて請求できるということです。

 

交通事故で接骨院とあん摩・マッサージ。指圧師が施術を行う問題点

自賠責保険では『柔道整復師、あきは師、が行う施術費用は、必要なおかつ妥当な自費』は補償の範囲内とされていますが、過去の裁判例では、医師による指示の無い施術は治療費として認められないとされるケースもありました。

 

また、あん摩、マッサージ、指圧師法で、健康保険の療養費扱いとして認められるのは

・慢性疾患の筋麻痺

・関節拘縮

などになります。

他の治療の方法が無い場合で、かつ医師の同意書のある場合にあん摩やマッサージを施術できるということですので、急性期の外傷(交通事故によるケガ)は健康保険の対象に含まれません。つまり、健康保険の対象≒自賠責なので、自賠責で請求するのは微妙かもという感じです。

 

また、交通事故において、柔道整復師は施術の手技としてマッサージを行いますが・・・

医学的にみたときに、このマッサージと言うのは急性期の外傷(交通事故によるケガ)に対しては適切な治療とはいえません。あくまで慢性期(激しい痛みなどの症状が落ち着いたとき)が適応になると考えられます。

 

あと、最近では、「柔道整復師」と「あん摩、マッサージ、指圧師」の免許の両方を取得していることが多く、患者さん自身は、柔道整復師のマッサージを受けているのか?あん摩・マッサージ師・指圧師のマッサージを受けているのか?という判別がつきにくくなっている現状があります。

 

最後に、一番の問題点としては、「整体」という言葉が浸透してきているため、世間的にも慰安目的のマッサージを健康保険で希望するケースが増えています。

 

マッサージは医療行為ではなく、慰安行為(自分の都合のためマッサージしてもらう。例えば肩こりがあるからマッサージ屋に行く、的な感じ)になりますので、健康保険を適応するのはどうなのか?ということがでてきます。

 

そういった部分から、自賠責の治療としてマッサージを行うのは果たして、補償の対象になるのか?といった問題が出てきます。

あくまで、慰安目的と治療目的のマッサージの区別は付けていくべきだと思います。

 

まとめ

接骨院、あん摩・マッサージ・指圧師が行う施術内容は若干違うけど、自賠責としての請求はできるということ!ただし、医師が必要を認めた時です!

 

でも、それには微妙なラインがあるから、施術を希望する場合は担当の損保会社へ連絡をして確認をとる!

 

そして、接骨院やあん摩・マッサージ・指圧師の説明もあると思うので、そういった事聞いて、自分で納得した上(治療費の請求の事も含めて)で施術を受けるのが望ましいと思います。

 

-自賠責・第三者のまとめ

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.