労災関係まとめ 査定と返戻情報

労災レセプトに再審査はあるのか 実際に対応した事例から検証していきます

更新日:

通常の保険請求であれば、再審査を行うことなんて頻繁にあると思います。

ただ、それが労災の場合はどうでしょうか?

 

そもそも労災に健保同様に再審査というシステムがあるのでしょうか。

実際に私が対応した事例を元に説明していきます。

 

労災レセプトに再審査するシステムはあるのか

労災のレセプトで納得いかない、再審を申し出たいということはそんなに数は多くないと思います(労災患者の絶対数が少ないので)。

ですが、たまに再審査したほうがいいかなーって気持ちになるときがあります。例えば入院などで点数が高額になる場合などです。

ですが、基本的には労災に再審査はありません。

ただし、どうしてもというときは、再審査用の書式があるようです。

私が、労働局に「どうしても再審査を!!」といって駄々をこねた時の対応方法(労災の再審査の対応)をした時のことを書いていきます。

 

どういう手順で再請求するのか

通常の保険請求と同じような流れにはなるみたいですが、書式があるようです。

まずは、再審査用の書式を労働局に申し出て、郵送してもらいます。

あとは、健保請求と同じように症状詳記を記載して提出するだけです。

今のところ、電子では処理できず、紙媒体のみでの提出になっているようです。

 

再審査は通る?

私が一度、コメントをつけておらず、査定を受けたので再審査を行ったときは通りませんでした・・・

労働局の方は『結局、後出しじゃんけん。出して意味ないと思うよ』的な感じのことを言っていました。こんなフランクな言い方ではありませんでしたが(笑)。

はやり、健保請求と同じでコメントの付け忘れとかそういった類のものには厳しかったですね。

 

結局、再審査は通るのか

冒頭でも説明したように、基本的に労災での再審査は難しいようです。

ただ、理不尽な大きな点数の査定などはないので、無理に再審査まで行う必要はなのかもしれません。

 

本当に治療の必要性があり、査定されるのはおかしいというときだけ、再審査をするのが正しいのかなと感じました。

数が少ないとはいえ、コメント関係も注意していきたいところですね。

 

 

-労災関係まとめ, 査定と返戻情報

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.