2018 診療報酬改定 医事コラム

オンライン診療は忙しいサラリーマンのもの?その問題点とは

更新日:

2018年の改定で新しく、『オンライン診療』が設立されました。

ICT技術の進歩の波及が医療業界にもきている。ということなのでしょうか。

最近では、医療業界もICTにはとても力を入れているように感じます。

 

診療報酬改定で勉強した人ならわかると思いますが、導入していない医療機関にとっては、「自分の病院には関係がない」「算定する予定もない」などといった理由で、オンライン診療がどういったものなのか?という事を覚えていないと思います。

 

今回は、このオンライン診療について簡単にざっくりとした概要を書いていきます。

また、その問題点などについても書いていきます。

 

オンライン診療とは

オンライン診療とは リアルタイムでのコミュニケーションが可能なオンラインシステムなどの通信技術を用いた診察や医学管理を指す。 2018年度診療報酬改定で、診療報酬上の評価が新設される。 オンライン診療は従来、互いに離れた場所にいる医師と患者をつなぐという側面から「遠隔診療」と呼ばれることが多かった。

 

いままでの病院受診は、直接、病院に行って受付をして順番待ちをして、それから医師と直接会って診察をしてもらう、というのが普通でした。

しかし、これら一連の流れを、ビデオ電話などの通信機器を使用して診察まで行えることになったのがオンライン診療です。

 

もちろん、すべてオンラインでできるかといえば、そうではなくて、最初は実際に医師と対面して診察を行わなければいけません。

そこから計画的な診療を行う際に、次の診察はビデオ電話でもOKですよといった感じになります。

 

また、オンライン診療を算定するには、指定された管理料を算定している患者が対象になりますので、希望する人すべてに適応されるわけではありません。

 

さらに、オンライン診療を行うためには、施設基準を満たす必要があるため、大病院を除いて、個人病院ではそう簡単に算定できるところも少ないと思います。

 

本来の目的

オンライン診療が設立された当初の目的としては、離島や田舎などで病院や診療所がないところで、診察を受けるのが困難な患者に対して、定期的に診察を行えることを目的にしたのがオンライン診療です。

 

オンラインであれば、直接、病院に行く必要もなくなるので、医療機関がない地域にとっては安心できますし、なにより、寝たきりの患者さんが長距離移動するという負担を軽減することもできます。特に、高齢者にとっては移動するだけでも、とても大変ですからね。

また、受診する患者自身もそうですが、付き添いをする家族などにとっても助かる仕組みになっています。

 

実際は忙しいサラリーマンのためになっている

本来の目的は、上記のような考えのもとでできたものですが、実際に利用するのはサラリーマンが多いようです。

平日の日中は、仕事で病院受診をしている暇がないため、オンラインで診察を済ましてしまおう、という理由からです。

 

用途としては、間違ってはいませんが、どちらかというと高齢者や離島の方へ向けたシステムだったはずなので、そこらへんどうなんだろう?という部分はありますが、これも医師が必要性を認めて行っているわけですので、ダメというわけではありません。

 

しかし、ITに馴染みのある若い人だけでなく、本当に診療を必要としている患者さんにもっと普及して欲しいというのが、厚生労働省の今後の狙いになってくるのではないでしょうか。

 

企業が利益目的で参入している

オンライン診療を行うにあたり必要なのでが、ICTの設備です。そうなると、自然に利益を求めてIT業者がこぞって参入をしてこようとしてきます。もし、設備を設置するとなれば大きなお金が動きますし、利益も大きいでしょうからね。

実際に、最近は医療機関に営業や出入りする業者さんも確実に増えてきています。

 

医療機関の判断で、導入していくのは全く問題ありませんが、中にはオンライン診療で利益化することを推してくる業者もあるようです。

例えば、オンラインの対象をサラリーマンに絞っていくことで、患者を増やしていこう!と提案してくるといった感じです。

 

しかし、それでは元々のオンライン診療が設立された意味がなくなってきてしまいます。

なので、業者の提案を鵜呑みにするだけではなく、本当に自分の医療機関にとって有利になるのか?患者さんにとってメリットはあるのか?デメリットは?といったことを踏まえたうえで導入を進めていったほうがいいでしょう。

 

業者は、とりあえずICT設備だけ設置してしまえば、設置費用や今後の保守料などで大きく利益を上げることができるので、良いように営業してきますからね!

 

まとめ

病院の利益を求めることは大事です。

ただ、地方とか田舎の病院になると、オンラインなどの患者さんが良く分かっていないものに手を出して失敗をするよりは、地域性を大事にして、その地域に沿った対応をしていくのが、一番収益につながるのではないのかな、と思っています。

 

 

-2018 診療報酬改定, 医事コラム

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.