算定の実例集

2019年の10連休(4月27日から5月6日)の休日加算等の診療報酬の取り扱いの通知がありました

更新日:

今年のGWは10連休!!というのは頻繁にニュースに取り上げられており、みんなが注目しているところであります。嬉しくもありますが、医療機関の場合、休日加算等の取り扱いはどうなるのでしょうか?

そこで、今回は厚生労働省から今年の10連休に対しての通知が発表されたので内容をまとめてみました。

 

2019年のGWに休日加算となる対象は?

先に結論から言うと、対象となる日は4月28日(日)から5月6(月)までの9日間です。

 

休日加算の対象となる日は、日曜と国民の休日に関する法律に規定される休日、及び1月1・2・3日、12月29日~31日と決められているからです。

これらに照らし合わせていくと…

  • 4/27(土) 休み ⇒ 普通の土曜日なので算定できない
  • 4/28(日) 日曜 ⇒ 普通の日曜日なので算定できる
  • 4/29(月) 昭和の日 ⇒ 祝日なので算定できる
  • 4/30(火) 国民の休日 ⇒ 祝日に挟まれた祝日なので算定できる
  • 5/1(水) 新天皇即位による祝日 ⇒祝日なので算定できる ※ここが今回のポイントになる日ですね
  • 5/2(木) 国民の祝日 ⇒ 祝日に挟まれた祝日なので算定できる
  • 5/3(金) 憲法記念日 ⇒ 祝日なので算定できる
  • 5/4(土) みどりの日 ⇒ 祝日なので算定できる
  • 5/5(日) 子供の日 ⇒ 祝日なので算定できる
  • 5/6(月) 振替休日 ⇒ 祝日なので算定できる

とりあえず、こんな感じで祝日扱いにされる日が多くなるようです。

 

休日(祝日の扱い)となる日は、2019年5月1日と10月22日。そのほか、2019年4月30日と5月2日も、休日となる。祝日法では、その前日と翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」ではない日に限る)は休日とする規定があり、4月29日の「昭和の日」、5月1日の「天皇の即位の日」、5月3日の「憲法記念日」に挟まれた4月30日と5月2日にも適用。そのほかの祝日と同様、国、地方公共団体、銀行などが業務を行わない日となる。

 

基本的な算定条件は従来どおり

初・再診料、外来診療科に係わる休日加算の取り扱い、並びに処方箋の交付の取り扱いについて、いずれも”従前通り”とするということです。

この取り扱いは今年の10連休だけでなく、他の長期連休も同様ということです。

 

なので、今年は10連休だから休日加算どうしよう…と思っている場合でも、いままで通りの算定方法でOKだと思います。

 

休日を通常通り診察する場合は休日加算の算定はできない

基本的な算定条件は従来どおりですが、もし、上記の休日加算を算定できる日に診察を通常通り行う場合は、休日加算は算定できません。

休日加算は、休みなおかつ診療体制が整っていない場合に診察を行った事に対する加算です。

参考記事 休日加算が算定できる大原則とは?当番医を例に挙げて説明しました

 

仮に4/30~5/2は通常通り診察を行いますよとしていた場合は、この期間は休日加算は算定できず、通常通りの算定になります。

医療機関によって異なると思いますので、確認が必要になりそうですね。

 

-算定の実例集

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.