お金をかけない美容法

【化粧品を安く買う】金欠時はトライアルキットで解決!!その仕組みとデメリット

更新日:

『化粧品が欲しいけど、今月ピンチ』

『新しい化粧水試したいけど高いな…』

『流行ってるアレっていいのかな?』

化粧品は欲しいけど、金銭的にちょっと厳しい…

特に若い子は、強く感じるかもしれませんね。また、若い子以外でも、給料日前になるとこんな状態に入ってしまうことも多い事でしょう。

 

自分の欲求と現実がせめぎあい、結局いつも現実を優先してしまい、いつもの安い化粧品を選んでしまう…

そんな”化粧品にお金をかけれない”あなたに朗報です!

少しでも化粧品を安く使うための情報をまとめてみました。

 

結論から言うと、”トライアルキットを使う”という事です。

よく聞くワードだけど、

『怪しいんじゃない?』

『結局、高額な商品を買わされるだけじゃないの?』

と思っている人も多いかと思うので、そういった方にも向けた記事になります。

 

自分でできる美容対策は行って出費を削るべし

ちょっと主旨から脱線しますが、先に言っておくと、化粧品に頼るよりも自分でできる範囲のものは自分で行い出費を減らしましょう。

いくら、トライアルキットのお試し価格で化粧品が買えるからといっても、結局はお金です。なので、節約とか金銭面の事を考えるのであれば、極力は化粧品を買わないことが一番です。

 

自分でできることって言っても面倒な事が多い…

と思う方の方が多いと思うので、手軽にできる対策を2つだけ先に紹介していきたいと思います。

早くお試し価格について知りたいと思う方は、ここは飛ばしてください!

 

対策その一: 飲み物をこまめに飲む

仕事中って、飲み物を飲む時間やチャンスって意外に少ないですよね。

特に午前中なんて常に動き回ってバタバタで忙しい…そうすると、のどがカラッカラになってしまいます。

そうならないためにも、”マイボトル”を用意しておくことをオススメします。

 

毎日準備するのは手間かもしれませんが、慣れれば一瞬で用意できます。

朝は特に忙しいかもしれませんが、マイボトルを準備する習慣をつけてみてはいかがでしょう?毎日、ペットボトルの水を購入していては出費がかさみますからね。 

まずは、体の内側から水分を補充し、肌を潤しましょう。

 

対策その二: ヘパリン類似を使う

知っている人はやっているかもしれませんが、ヘパリン類似物質を塗る肌への乾燥に効果が絶大です。

ヒルドイド』と言えばわかりやすいかも。

 

このヘパリン類似は、病院やクリニックを受診すれば保険適応なので、市販のものよりもだいぶ安くで手に入れることができます。

もちろん、処方を受けるためには症状の訴えが必要ですよ。

 

補足ですが、ヒルドイドは、本来は治療のための外用薬です。最近では、こういった美容目的で処方を希望する人も後を絶えません。

だから、厚生労働省も2018年の診療報酬改定でけん制をかけてきているんでしょうね。

 

お試し価格なら安くで手に入る

化粧品は一つ一つが高額です。

ですが、意外とみんなやっていないのが”お試し価格で購入”という事です。

 

どういったものかというと、初めて商品を買う人だけに特別に安い金額で購入できますよ~というやつです。

『知っているけど、面倒だからやったことない』という人も多いでしょう。

 

しかし、実際、お試し価格はだいぶ割安です。

金額の具体例

 

9,990円⇒600円 差額は9,390円とか高額になることが多いです。

金銭的に大きなメリットと言えるでしょう。

 

そもそもなぜ安いのか

理由は簡単で、化粧品の”良さ”を幅広い人たちに広めるために広告を兼ねて行っているんです。

なので、トライアルキットに対しては別に利益とかは求めていないのです。

求めているものがあるとすれば、それは色んな人に認知してもらう。ということでしょう。

 

よく、CMでドモホルンリンクルが3日分が無料でもらえます。とやっていますが、それも同じです。

どこの化粧品会社も自社の商品を知ってもらうために色んな方法を行っているんですね!

 

お試し価格での購入にデメリットもある

それは、お試し価格は”定期購入”という条件があること事もある。ということです。

なので、お試し品を購入後は、すぐに定期購入を解約しなければいけません。

知っている人はここらへんが面倒でやらないことが多いんですよね。

 

ポイント

全てが定期購入が必須というわけではないので、そこらへんはちゃんと確認をしてから購入したほうがいいでしょう。

 

美容に興味はあるけど、あまりお金はかけれない人にオススメ

購入後に定期を解約といった面倒さはあります。しかし、それ以上に金銭面でのメリットは大きいです。

 

『新しい化粧品を使ってみたい』『自分に合う化粧品を探している』という方で金銭的に余裕が少ない方は、お試し品を使ってみるというのもありです。

面倒だな~』と思う以上に金銭的なメリットは大きいといえます。

 

定額からお試し価格での差額分を、別の化粧品に使えると思えば儲けもんです。

さっきの、例でいくと、差額の9,390円分を別の化粧品に使えると思ったらだいぶお得感が出てくると思います。

1万円近くを稼ぐのって本当に大変ですからね。

 

浮いたお金で自分に投資できる

金銭面でのメリットは説明しました。その差額でなにができるでしょうか?

約一万円もあれば…

  • もっと高価な化粧品が追加で買える
  • プチ旅行に行ける
  • ちょっと豪華な飲み会が2回できる

ほかにもたくさんメリットはありますし、なにより、1回だけではなく1年単位で考えたらこの差は大きいです。

 

仮に2か月に1回トライアルキットを注文したとき…

6カ月×約1万円=約6万円

一年でこれぐらいの出費が抑えられると思ったら、やらない手はないです。

 

購入するときは”お試しだけ”と決めてから購入しないとずるずるいく

さらに追加で注意点があります。

実際に私は、お試し価格で購入後に、定価に戻った後も購入を続けました。

理由はお試しの化粧品がよかったためです。

 

しかし、冷静に金銭的なことを考えたときに『このまま購入を続けたら財布がやばい…』と正気にもどり、中止しました。

お試しとはいえ、”元は高い化粧品です”

 

一度、そういった良い商品を体験してしまうと、元の安い水準の化粧品にもどるのは抵抗があります。

ココに注意

お試しを注文するときは、初回のみと割り切ってから購入しましょう。

 

実際にお試し価格で頼んでみる

それじゃあ、『定期購入の部分に注意して頼んでみようかな』と思うかもしれませんが、いくらお試し価格とはいっても結構高いものもちらほらあります。

そんな高いなら、お試し価格の意味ないじゃん!!ってぐらいの金額も中にはあります。

 

もちろん、元の値段が高いのでそれなりの内容にはなっているのですが、お得に買うと考えた場合は少し趣旨からずれてしまいます。

 

一体どんな基準で選べばいいの?

個人的には、1,000円以下のものがいいと思っています。

なぜ、1,000円かというと、新商品だからです。

どういうことかと言うと…

発売されたばかりで認知度が無い⇒みんなに知ってもらうために格安でトライアルキットを販売する

認知度が低い分、とにかく多くの人に知ってもらいたいという思いから、価格設定も配慮されていたりするからです。

 

具体的に注文してみる

実際に、私が注文したトライアルキットで割安だったものを一つだけ紹介します。

それは、『モーニュ』という化粧品のトライアルセットです(洗顔、化粧水、乳液等のセット)

乾燥肌、敏感肌の方に向けて作ってある化粧品です。

 

お試し価格

9,990円⇒600円

で購入できました。

こちらの商品は、”定期購入”という縛りがないので安心です。

 

化粧品は欲しいけど、なかなか金銭的に手が出ない…

という方は、お試し価格でお得感を味わってみてはいかがだろうか。

>>お試し価格での申し込み

-お金をかけない美容法

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.