自賠責・第三者のまとめ

事故患者が受診した時の患者への説明方法 医療機関の対応方法について 

更新日:

事故で患者さんが受診した場合って、いろいろと説明しなければいけないことってたくさんありますよね。

むしろ、事故だからこそ説明しなければいけない部分もあるかと思います。

 

その中で、どこから、どの部分だけ説明したらいいんだろう・・・

なんて迷ってしまうときもあるかと思います。

 

そんなときの説明を、簡潔に必要最低限だけをまとめてみました。

私も使っている方法なので、ぜひ実務で活用してみてください。

 

※医療機関の事故対応の流れをまとめた記事

自賠責・第三者の請求方法までの流れと対応 ~事故の患者がきた場合~

医療機関での自賠責の取り扱いとは 基本的な考え方について

【医療機関用】事故患者の対応方法とマニュアル

 

説明の内容

① 交通事故によるケガの診療では、たとえ「被害者」であっても、患者さんが医療機関に診療費を支払うことが原則です。

 

② 交通事故診療の場合は、公的な保険制度である自賠責保険を使うことが優先されます。自賠責保険を使った場合には、治療費は損害保険会社を通じて医療機関に払われる場合もありますが、「診療費をどのように支払うか」については、患者さんと医療機関が話し合って決めます。自賠責保険を使う場合、診療費は自賠責診療費算定基準を用いて計算します。

 

③ ひき逃げ事故や、加害者が保険に入っていない場合、被害者の過失が大きい場合などは、被害者救済として健康保険を使用することもできます。この場合、患者さんは健康保険組合に「第三者行為」の届けを出すことが必要ですので、決められた手続をしてください。健康保険を使った場合は、「国の決めた健康保険法などの法律」に従い、受診するたびに窓口で自己負担金を支払うことが必要です。損害保険会社から、交通事故による診断書や診療報酬明細書作成の依頼があっても、原則として作成いたしません。

 

④ 交通事故診療の場合、損害保険会社が治療費の立て替え払い(一括払い)を行うことがあります。この場合でも医療機関は、損害保険会社の干渉(治療の打ち切りや病院の変更など)によって、患者さんの意向に反する診療をすることはありません。

 

まとめ

とりあえずは、これぐらいだけで大丈夫なのではないかと思います。

ホントはもっとたくさんあるんですけどね。

患者さんにあんまりたくさんの事を伝えても全部は覚えられないと思います。あと面倒です。

 

なので最初の段階では、「そんな話聞いていないよ!!」とかで問題にならないように必要最低限のもにまとめてみました。

 

事故の患者さんて後からもめることが結構あるので、最初の説明とかが大事になってくるのでしっかりした説明を行えるようになりたいですね。

 

 

-自賠責・第三者のまとめ

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.