医療事務に必要な資格

【年齢別まとめ】医療事務資格試験は就職の時に有利になる?

更新日:

『医療事務の仕事って長く続けられるっていうけどホント?』

『もう40歳過ぎたけど今から資格取得しても就職に有利?』

『まだ学生だけど将来のために取得しておくべき?』

医療事務の資格試験について調べていると、医療事務として就職するときに資格試験を持っていると有利ということはわかるけど、年齢によって差は出てくるのか気になる方もいるかもしれません。

特に40、50歳以上の方、または高校生や大学生で在学中に取得してなにかメリットがあるのでしょうか?

せっかく資格試験に合格しても就職に有利にならなければ意味がありませんからね。

 

この記事では、医療事務の資格試験についての年齢ごとの就職の悩みを現役医療事務員(管理職)の立場から解決していきたいと思います。

 

何歳でも取得可能

先に資格試験の受験対象年齢をお伝えしておくと、年令制限はありません。

何歳でも受験OKです。

資格試験の種類によっては、「実務経験〇カ月」とかあるものもありますが、医療事務のスタンダードな資格試験については年齢制限はありません。

ちなみに医療事務資格試験の最高峰の診療報酬請求事務能力認定試験も年齢条件がありません。

参考記事>>【医療事務の資格】就職でホントに有利になる試験の種類は3つだけです

 

大学生・短大生で狙うなら総合職

ここでは、医療事務の資格試験を取得し医療機関へ就職を考えているという前提で話を進めて行きます。

もし、大学・短大在学中に医療事務の資格試験に挑戦してみたいというのであれば、就職先は病院の総合職を目指すべきでしょう。

なぜなら、一般職の医療事務では給料が低いからです。

せっかく高い授業料を払って大学・短大までいっているのですから、給料のことを気にして仕事も選ぶべきです。

採用面では、大学生のうちに医療事務の資格試験に合格している人って少ないので、他の就職活動者より一歩抜きにでることは間違いありません。

 

一般職でかまわないタイプはオススメ

逆に「私は給料が低くても営業とか苦手だから事務職がいい」という文系の方は、一般職の医療事務もいいかもしれませんね。

給料も高卒・専門学校卒よりは高い基本給の設定になっている医療機関も多いですので。

ちなみに大学で一般職の医療事務の初任給は17、18万~とかが多いです。

給与水準としては大卒の事務職と同じ取り扱いです。

 

医療事務資格の勉強も独学で十分に可能ですので、授業の合間に試験勉強してみるのもいいですね!

就職して仕事しながらの勉強はとてもつらいので、どうせ資格勉強するなら在学中をオススメします。

 

高卒・中卒でも合格している人はたくさんいます

最近の若い人はしっかりものが多いので、将来を見越して高校生の内に医療事務資格を取得している強者も存在します。

「将来、結婚して子供産んで、育児が落ち着いたら仕事復帰しないと家計が大変そうだし…」といった理由で実際に受験している友人の子供の高校生もいました。

さすがに、ここまでしっかりしたビジョンを見据えなくても、今は「資格」があったほうが多少は安心できる時代です。

なので、将来なにかやりたいことがきまっていないけど、保険のために資格取得だけはしておきたいという場合は目指してみるのもいいかもしれません。

 

無理にとる必要はない

医療事務は世間的に給料が低い職種です。

今から本気で医療事務になりたい!!という方なら、本気で目指すのもいいと思います。

ただ、漠然とした理由で医療事務資格試験を受験しようとしているならオススメはしません。

なぜなら、まだ10代と非常に若いので、もっと他に給料の高い仕事に就ける可能性があるからです。

例えば、近いところでいえば看護師免許を目指してみるとか。そういった事です。

 

実際に、私の職場でも高卒で医療事務の一般職で就職してすぐに退職した子がいました。

退職した理由は

「同じぐらいの年代の看護師さんたちはたくさん稼いでいるのに、自分は同じ空間にいるのに給料が低すぎる。看護師の専門学校に行きます!」

そういって看護師を目指していきました。

 

一度就職してみて、医療事務という現場を知ってから転職するのもいいですが、事前にこういった事例があるとわかっていれば、未然に防ぐこともできた転職でした。

なので「裕福な生活をしたい」とか「旅行とか遊ぶお金がたくさん欲しい」というタイプは、別の給料が高い職種の資格を狙ってみるのもいいかもしれませんよ。

 

40代、50代は正社員での就職は難しいかも

医療機関によって差はあると思いますが、医療事務未経験の40代を採用する医療機関は少ないかもしれません。

なぜなら、医療事務の求人募集=人手が足りない⇒すぐにでも実務で戦力担って欲しい。

という気持ちがあるからです。

 

医療事務って、経験がものをいう職種です。

よく『医療事務の資格を持っていれば辞めてもすぐに医療事務として再就職できる』という事を耳にしますが、再就職できる対象はあくまで”経験のある医療事務”です。

採用側も教える手間や時間、コストがかかります。

厳しいことを言うようですが、もし、未経験者に業務を教えるのであれば、当然若い子の方に教えて少しでも長く仕事を続けて欲しいですよね。

 

逆にパートでの就職であれば採用される可能性はありますが、それでも未経験で専門的な知識を必要とされる仕事では、最初のうちはとまどってしまうでしょう。

 

40歳を過ぎてから無理に資格を取得することはない

医療事務は大変な体力勝負です。

座ってい居たり、事務作業が主な仕事のイメージですが実際は、未経験で働き始めた時の最初の業務は受付からスタートです。

受付は仕事中ずっと立ちっぱなしの医療機関も多く、イスがある受付でも患者さんの対応で四六時中座っているわけにもいかなくなります。

そうなったときに、医療事務の知識とか以前に体力的にきつくなってくるでしょう。

一日、何度も立ったり座ったりすることなんでざらですからね。

結果、資格試験よりも体力的にきつくなってしまう可能性があるの、資格試験を勉強するより先に医療事務という仕事を認識したほうがいいかもしれません。

 

『医療事務は働きやすいよ~』という情報が世の中には多いですが、半分ホントで半分ウソです。

自分にメリットがあるか、ちゃんと考えたほうがいいかもしれません。

医療事務より良い給料で良い待遇の仕事はたくさんありますからね。

 

未経験の場合はさらに辛い思いをするかも

少し想像してみてください。

40歳を過ぎて未経験で初めて就職した先で20代の若い女の子に怒れらる自分の姿を…

最初はいいかもしれませんが、怒られることが続くと気持ち的に結構辛くなってしまいます。

もし、反論しようものなら新参者のほうが淘汰されてしまうでしょう。

 

また、年齢的にも新しいことを簡単には覚えられません。下手したらメモしたことでさえ忘れてしまうかも。

すぐに忘れてしまうぐらい医療事務の仕事の量は膨大ですし、激務です。ゆっくり業務を覚えている暇なんてありません。

 

医療事務をあきらめきれないなら…

ですが、小さなクリニックや診療所で患者さんの数が少なさそうなところは狙い目かもしれません。

ぶっちゃけ、楽だと思います。

ホントに少ないところだと事務員は受付一人とかで回したりしています。

大きな病院に比べたら採用確率は高くなるし、長く続けれるポジションでしょう。

 

また、別の方法で医療事務資格試験の最高峰である「診療報酬請求事務能力認定試験」を持っていれば、病院の入院担当のなることができて、事務作業だけの業務になるかもしれません。

基本的に入院担当をしている人は受付には立たず、事務所内でひたすら点数計算をおこなっています。

参考記事>>シングルマザーに医療事務はオススメの資格!!これから転職、再就職を目指す人へ

 

結局、何歳まで働ける?

結論は定年まで働けます。

しかし、受付業務のまま定年を迎えるというのは少し無理があるかもしれません。

そもそも、年齢を重ねた受付の方って見たことがありません…

基本的に医療事務の業務は

スタートは受付⇒入院担当(事務所の中で座り仕事)

というキャリアアップしていくので、経験を積むほど受付に立つことはなくなります。

なので、最終的には事務所内での座り仕事というポジションになってきますので、ここまでくると余裕で定年まで迎えることができます。

 

医療事務って若い子or年配の方(お局様)の両極端しかいないイメージありますが、原因って受付⇒入院担当になれたかで結構離職率変わってくると思います。

あくまで一部の話で離職の多い理由は人間関係なんですけどね…

参考記事⇒医療事務の上司とお局様と接する時は距離を持って接した方がいい理由

 

取得するなら20代から30代までの間

医療事務は資格さえあれば何歳でも働けるという認識が広まっていますが、全ての人にあてはまるわけでありません。

一度医療事務の仕事を経験してしまえばあとは、『経験者』という肩書がつくので転職しやすいですが、未経験者は最初の『医療事務経験者』という肩書をつける就職先をみつけるのが困難だったりします。

 

医療事務は資格がなくても働ける仕事です。

ですが、それでも一番初めに就職するには資格試験というのは採用されるうえで重要なポイントにもなってきます。

そのうえで、自分の年齢を踏まえて就職活動を行った方が、働き始めた後もギャップに苦しむことなく働くことができると思います。

 

今から未経験で医療事務資格試験を受験してみようという場合は20代~30代をオススメします。

理由をまとめると…

中卒、高卒

ほかにも給料の良い仕事がある。そっちを目指すべき。(本気で医療事務を目指したいと思っている人は別)

大学生・短大

病院の総合職を狙うべき。

営業とかイヤだなと思うなら一般職での医療事務もアリ。

40代、50代

未経験の場合はやめておいたほうがいい。

ほかに待遇の良い仕事、いままでの経験を活かした仕事があるはず。

こんな感じです。

 

以上が、年代別での医療事務資格が必要か?という悩みに対する現役の医療事務からの経験をふまえたリアルな意見です。

試験勉強するのも時間がかかりますので、自分の年代に合った考え、取得の意図を考えてから行動するほうが効率がよいでしょう。

 

-医療事務に必要な資格

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.