労災関係まとめ 自賠責・第三者のまとめ

仕事中(通勤中)の事故は労災と自賠責のどっちへ請求するのが正しい?

更新日:

事故で患者が受診した時に”仕事中”若しくは”通勤途中”といこともちょくちょくあります。

そういった場合に、自賠責と労災はどちらを使用した方がよいのでしょうか。

 

大体の場合は、医療機関に来た段階ぐらいで、どちらを使うか本人と保険会社が話し合いをして、決定しているケースが多いかもしれません。

今回は、どちらに請求をしたらよいのか、基本的な理由から書いていきたいと思います。

 

基本的な考え方

自賠責と労災保険の基本的な考え方を、書いていきます。

(ここは、重要でないので読み飛ばしてもかまいません。あくまで参考程度に。)

 

労災保険と第三者行為災害

労災保険の保険給付は、被災労働者の稼得能力の損失を回復または補填することを目的として、療養や休業・障害・遺族・葬祭などの給付を行うものである。

労災保険は、業務災害が第三者の行為によって生じた場合であっても、災害が”業務上”のものである場合は、事業主が労災補償の責任を負い被災労働者が保険給付を請求できる。

被災労働者は災害を発生させた第三者に対して損害賠償を請求する権利を持っています。

そのため、労災保険の給付と第三者(事故)に対する損害賠償保険との調整が必要になります。

 

第三者行為災害の給付の調整

労働者災害補償保険法 第12条の4

(1)政府は、保険給付の原因である事故が第三者の行為によって生じた場合において、保険給付をしたときは、その給付の価額の限度で、 保険給付を受けた者が第三者に対して有する損害賠償の請求権を取得する。

(2)前項の場合において、保険給付を受けるべき者が当該第三者から同一の事由について損害賠償を受けた時は、政府はその価額の限度で保険給付をしないことができる。

上記により、第三者行為災害についての労災保険給付と自動車損害賠償保障法による自賠責保険の関係については、同一事由について、二重で補償を受けないことを基本として、次の二つの方法のいずれかによる方法をとります。

 

(1)労災保険給付が行われる前に、自賠責保険による損害補償を受ける。

そして自賠責保険の給付限度額に達した後、 労災保険に切り替える。

(2)初めから労災給付を受ける。

そして労災保険の保険者(政府)が第三者(自賠責保険)に対して求償を行う。

実務上、原則として(1)の方法によることとされているが、被災労働者が労災保険の給付を先に受けることを希望する場合には、労災保険の給付を先に行うこともできます。

 

自賠責保険を優先させる理由

上記のような理由で、自賠責を優先させるとなっていますが

大きな理由としては下記の二つがあります。

  1. 給付の範囲が自賠責保険の方で広い。
  2. 先に労災給付を受けても、結局自賠責保険に求償することになること等を考慮して、行政指導として、一般に自賠責保険を先にするよう指示がなされている。

あとは、自賠責保険では、被害者に重大な過失がある場合(70%以上)、過失相殺が行われるため、その場合は一般に労災保険の給付を先行させる。というようになっています。

 

実務での対応方法

上記のような理由で、自賠責を優先するようになっています。

特別な事情がなければ、自賠責を優先するのが普通でしょう。

 

ただ、実務では患者の過失の問題もあり、自賠責では十分に補償を得られないという事もありえます。

(患者さんもどっちを使ったらよいかわかっていない)

 

その場合は、大抵の場合は保険会社が介入し、どちらを優先的に使うか判断してくれます。(過失や補償内容を踏まえて)

なので、本人にも保険会社との話でどうなったか確認をするのが、対応への近道かもしれません。

 

加害者が自賠責のみ場合

加害者が任意保険に入っておらず、保険会社の介入もない場合は、自然と労災保険の給付を優先されると思います。

このケースでは、本人と勤務先の労務関係の担当と話しあってもらった方が望ましいです。

それに合わせて、医療機関も対応していくといった感じになってきます。

 

対応のまとめ

事故の患者が来た時には、まず最初に”仕事中若しくは通勤途中の事故か”ということを確認しなければいけません。

というのも、事故だから自賠責へ請求と思っていたらやっぱり労災だったなんてことにもなりかねません。

 

こうなると、手続きがめっちゃ面倒くさい事になります・・・

そうならないためにも、事前の確認は必須となります。

最初の段階で、対応方法を間違えないように注意していきましょう。

 

 

 

-労災関係まとめ, 自賠責・第三者のまとめ

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.