医療事務からの転職

医療事務の仕事の責任感やプレッシャーに耐えられない!解決策はある?

更新日:

医療事務という仕事をしていると、どうしてもプレッシャーや責任感を感じて『辛いな~』『なんで私だけ』なんて思ってしまうシチュエーションは絶対に出てくると思います。

 

例えば、仕事で絶対に間違ってはいけない作業であったり、任せられた仕事があまりにも膨大で「この業務は期限内に終わるのか?」なんて不安にかられたりと大変な思いをしていると思います。

別の視点でいくと、上司やお局様からのプレッシャーや嫌がらせなんて事もあるかもしれません。

 

そういった責任感やプレシャーを感じたときには、どうしたらいいのでしょうか?

結論からいくと、個人的には転職する事をオススメしています。

その理由について書いて行きたいと思います。

 

正確であることを求められる

医療事務としてはたらく上で重要な事は、”常に正確であること”だと思います。

他の業種でもこれは当然の事だとは思いますが、医療事務は仕事の特性上、特にそれが求められていると思います。

 

正確さは、計算ミスや患者登録、受付などの間違いは絶対におこしてはいけない。という診療において一番最初の重要な部分だからです。

 

毎日のように、このように正確さを求められる仕事しており、尚且つ、少人数の患者の相手であれば、簡単でしょうが、対応しなければいけない患者の数と言えば、処理しても処理しても終わりがないと思えるほど多いのが現状です。

 

そんな中で毎日仕事をしていては、神経がすり減ってしまいます。

というか、いつも神経をすり減らしながら働いているといっても過言ではないぐらいの仕事内容だと思います。

 

こういったときに、モヤモヤしたものが自分の心の中にわいてくるのではないかなと思います。

 

仕事量が膨大である

医療事務で仕事ができる人ほど、仕事量が膨大になる傾向があります。

仕事ができる分、周りに頼りにされるから自然と仕事が流れていってしまうのですよね。

どうしても、分からないことがあったり、他の職員には頼めないことがあると、仕事ができる人にお願いしちゃうんですよね。

 

また、そういった仕事ができる人に限って、周りに気を使う人です。

面倒な仕事を振られても、周りの事を考えたら断れないんですよね。「周りに嫌な顔されるよりは自分でやってしまったほうが楽だな」なんて感じで自分の中で完結させてしまおうというタイプです。

 

こういった業務の積み重ねで、「仕事が終わらない」「責任感やプレッシャーから逃れたい」「私じゃなきゃダメなの?」といった不満ややる気の低下につながっていくと思います。

 

人手が少ない

仕事量が膨大になる原因に人手不足ということもあります。

人数が少ないので、どうしても一人当たりの仕事量が増えてしまうんですね。

そういった場合は、すぐにその職場はやめた方がいいでしょう。

 

なぜなら、人数が足りていないのにも関わらず、人材を募集せず、人件費をケチっているようなところで働くのは先々の長い目でみたときに、きっと大変な思いをするからです。

 

もし、他の同僚が辞めてしまった時もすぐに求人は出さないかもしれない、最悪の場合、現状で業務が回っていたから求人をかけなくもいいのでは?なんてことにもなりかねません。

 

なので、そういった職場の場合は早いうちに辞めてしまうことをオススメします。

さらに人材が減って大変な思いをするのはあなただからです。

 

お局様や上司と合わない

これは典型的なパターンですね。

仕事で大変だ!!忙しくて辛い!!というならわかりますが、それ以外の事でストレスやプレッシャーを感じるぐらいならやめた方が絶対にいいです。

 

お局様や上司の事を気にするタイプの人は”いい人”が多いです。

心が優しい人ですね。なので、一時的に、現状がよくなったとしても、その職場で同じ事が繰り返されることが予想されます。

医療事務員が鬱(うつ)にならない為の対策と、鬱になってしまったときにやるべきこと

 

なので今後、状況が改善されるとは思いませんし、何より、そんな事でプレッシャーなんて感じたくありませんから。

ただでさえ大変な仕事なのに、上司やお局様のわがままに付き合っている暇はありません!

 

少し思い出しただけでも腹が立つ!!という場合はすぐに転職をするべきでしょう。

 

改善策のまとめ

仕事で責任感やプレッシャーを感じるというのは、どこの職場も同じだと思います。

ただ、医療事務は仕事内容の特性上、特にそれらを感じやすい職種と言えます。

 

この医療事務という仕事が好きだ。ということであれば、もう少し頑張って状況を打開していくのもいいと思いますが、「これ以上は限界だ」とすでに思っているのであれば、すぐに転職をした方が自分の身の為です。

 

ろくでもない職場の為に自分の神経を削る必要はありませんからね!

-医療事務からの転職

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.