医事コラム

医療従事者は生活保護患者が嫌いって本当?【体験談あり】

更新日:

先日、ツイッターでこのような投稿があり、話題になりました。

「胸部大動脈瘤破裂の身寄りのない80代男性。生活保護。救命率は限りなく0に近かったが、緊急手術。止血できず、人工心肺のままICU帰室し、術後2日目に死亡。恐らく数千万円は掛っただろう。国民全体の医療費を個々の医師が考えなければ国が破綻すると痛感した症例だった」

パッと見て『生活保護患者に高額な医療は必要ない』と思われてしまいそうな投稿内容ですが、実際はそんな意味合いは無かったらしく、後から

「日本の医療財政・資源が有限であるのに、どのように分配するかの議論の欠如」「救命率が低い患者への緩和治療適応の是非」「身寄りがない人の治療方針決定の難しさ」の3点についての問題提起であったと補足しているようです。

 

私自身、生活保護患者に対してはだいぶ偏った意見があったので、今後、医療従事者が生活保護患者とどのように向き合っていけばいいのか、ということを個人的なエピソードを踏まえて考えていきたいと思います。

 

昔は大嫌いだった

なにを隠そう私自身、生活保護患者の事が大嫌いでした!

その理由としては

  • 患者の権利意識が高すぎて、患者なんだからしっかり診察しろよ!と病院に対し上から目線
  • 毎日のように来て、態度が横柄、言葉遣いが悪い
  • 患者として病院に来て調子が悪いはずなのにいつも酒臭い、タバコ臭い、
  • 元気なんだから働けばいいのに
  • パチンコの話をよくする

といった感じからです。

これらの事は、私が入社当時に感じていたことであり、仕事の忙しさからついついギスギスした考えしか浮かばなかったのでしょう。まだまだ人間として未熟でした。。。

 

周りの医療従事者もあまりよくないイメージを持っていた

生保患者に対して嫌なイメージを持っているのって私ぐらいなのかな・・・と思っていたのですが、実際に似たような考えを持っているのは私だけではありませんでした。

 

同僚も、私とほぼ同じような感想を持っていたし、看護師さんたちも同じように感じていたようでした。

ただし!!これはあくまで私が当時、生活保護患者が嫌い!という偏見を持っていた時に感じた事なので、実際はこういう考え方をしている人ばかりではなかったと思います。

自分の考えはこうだっ!!って考えているときほど、自分の考えに近い内容の情報しか耳に入って来ないものなんですね。。。

 

昔とてもお世話になった人が生活保護受給者になっていた・・・

最近になって判明した事実がありました。それは、昔、大変お世話になった方が現在生活保護を受給されているということです。その方(仮に”Tさん”とします。以下Tさん)とは、もう何年も連絡を取り合っていなかったのですが、先日、その方の家の近くに行く事があったので、私の母が寄ってみたところ判明した事でした。

 

私の子供の頃の記憶と、母から聞いた事を踏まえて、その方がどうして生活保護になっていたのか?また、なぜ生活保護を受ける人と当時は偏見もなく交流、むしろお世話になっていたのかという経緯について書いて行きます。

 

お世話になっていた経緯

Tさんにお世話になっていたのは、私がまだ小学校低学年の頃の話です。そのころ、私の母は共働きでパートに出ていました。

そこのパート先の社長(個人事業主)が、そのお世話になったTさんでした。

 

私は当時、まだ甘えたい年ごろというのもあり、学校が終って家に帰って誰もいないというのがとても寂しく感じていました。

なので、その時にとった行動というのが母が務めているパート先に行くという事でした。。。

普通は追い帰されるところですが・・・結果、パート先に滞在する事を許されました(笑)

 

もちろん、母は私を帰そうとしましたが、私が駄々をこねたという事とTさんがパート先にいることを許してくれたので、邪魔しない範囲でそこに居座りました(笑)現代では考えられないような事ですよね。

 

そんな母のパート先で、私はTさんからホントに可愛がられ、私もTさんによくなついていたのを覚えています。

もちろん、仕事中ですので遊んでもらっていたわけではありませんが、それでもちょくちょくかまってもらえたので嬉しくて仕方ありませんでした。

 

その人の人柄

性格は裏表が無く、竹を割ったようなさっぱりとした性格。情に厚く、常に従業員に気を配るような人でした。

なので、従業員からの信頼も厚く、公私共に頼りにされるような人でした。

 

誰かに頼まれごとをされたら断れない性格で、その頼まれた事も嫌な顔をせずに受け入れていました。

ホント、絵に描いたような”お人よし”でした。

 

ただ、少し難点も・・・それは”パチンコが好き”という事でした・・・今思えば、これがいけなかったのかもしれませんね。

 

生活保護を受けることになった背景

もともと、個人事業主であり、お世辞にも売り上げが良いという経営状況ではなかったようです。

そういった経営を長くされていたので、自分たちの手元に残るお金はほとんどなかったみたいです。

 

そういった状況にもかかわらず、従業員に給料が支払えなくなりそうなときは、自分たちの保険を解約してまで給料を支払っていたようです。

今思えば、個人年金とか、生命保険の類だったのかな?詳しい事は聞けませんでしたが、しっかりとした年金額はもらえないようだったので、そういった自分たちのお金を削ってまで、従業員の事を考えるような人でした。

 

また、Tさんの夫婦には、子供にも恵まれておらず、近くに家族や身寄りもいなかったため、頼れる親戚、家族が居なかったということもあります。

ちなみに、子供は小さいころに亡くしてしまったようで、そういった経緯もあり、当時子供だった私をよく可愛がってくれたのかもしれません。。。

 

そんな感じで余りお金が無い状態で仕事を引退し、のんびりと老後を暮らそうといた矢先にリウマチが発症してしまったのです。。。

病院に行くものの、治療費が高くつくため、しっかりとした治療を受けられないような状況だったのです。

リウマチの薬は高いですからね。

 

貯蓄は無い、仕事はできない、身寄りはない・・・

そんな八方塞がりの状態でたどり着いたのが”生活保護を受ける”という事でした。

 

生保受給中の現在の暮らしは

生活保護を受給し始めてからは、リウマチの治療もちゃんと受けれているようです。

ただ、もっと早くリウマチの治療を受けることができていれば、もっと楽に生活できていたのではないかなと思います。

 

ただ、本人としても生活保護だという事を私たちに知られたくなかったようで、最初の内は黙っていました。

それだけ、生活保護を受給するという事に負い目を感じていたのでしょう。

また、昔の従業員に生活保護と知られるのが恥ずかしいという気持ちもあったのではないでしょうか。

 

それでもパチンコはやっている

Tさんも恥ずかしい、負い目を感じているとは思うのですが、生活保護を受けている今でもパチンコはしているようです。。。

本人曰く、生活保護を受ける前からパチンコは生き甲斐みたいなも、ということでした。

なので、生活保護を受けようがパチンコをするというのは自然な事のようです。

 

こればかりは、恥ずかしい、負い目を感じるということはあっても辞められないようです。。。

 

嫌な患者もそれぞれエピソード(人生)があった

私が知っている生活保護受給者のエピソードはこんな感じです。

母にTさんが生活保護になっていたと聞くまでは、「生活保護の人なんて、お金もらってパチンコばかりしてズルい!」って思っていましたが、Tさんが生活保護を受けておりパチンコをしていると聞いたときは、全然怒りやムカつきとかそういった気持ちが沸きませんでした。

 

なにが言いたいかというと、生活保護に対して厳しい意見を言う人はその人の人生の一部しか知らないじゃないか。

その人の人生を知らないで、一方的に『生活保護はズルい、卑怯だ』『態度が悪い』『もっと謙虚に生きるべきだ』というのはすこし厳しすぎる意見なのではないのかな?ということです。

 

厳しい意見を持っている人というのは、実際に、生活保護受給者と生活保護ではないフラットな人間として接したことがないからではないだろうか。

 

個人では良い人、たまにいる変(嫌)な人が目立つ

今回の記事で一番私が言いたかった事かもしれません。

それは、個人単位で生活保護の人をみれば、悪い人ってそんなにいないと思うんです。

ただ、病院に来たり、ネットニュースで取り上げられるような変(嫌)な生活保護の人が目立ってしまい生活保護の人のイメージを悪くしています。

 

数で言えば、良い人だったり、本当に生活保護が必要な人が圧倒的に多いにも関わらず、一部の人のためにイメージが本当に悪くなっている気がします。本当に残念な事です。

 

そういったイメージを悪くしている生活保護の当事者は、もう少し生活態度を改善をしたほうがいいのでは?と思ってしまいます。

まあ・・・気づいてないからイメージを悪くしているんでしょうけどね・・・

 

態度が悪いのは個人の人間性

生活保護の人の人生も知らないで、そんな偏見を持ったらいけない、厳しい意見をするのは良くない。というのは本当の気持ちです。

ただし、生活保護受給者で態度が悪い人というのは嫌な感じです。

ちょっと誤解があると思うので正確に言うと、生活保護であろうとなかろうと、態度が悪い人は嫌なイメージを持ってしまいます。

 

つまり、別に生活保護だからとか、そういうのじゃなくて、生活保護以外の人だって態度が横柄だったりクレーマーだったりすることって多いと思います。

むしろクレーマーになるのは生活保護以外の人の割合が多いでしょう。

 

態度が悪い事に生活保護って関係ありません。

たぶん、「あの人は生活保護だからあんな態度をとっている」というのは後付けされた事であり、態度が悪いのは個人の人間性の問題です。

そこらへんを、生活保護というだけで判断を見失ってしまう部分があるのではないでしょうか。

 

今後、医療機関は生保患者とどうむきあっていくべきなのか

こういった患者に対する考え方は個人によって異なるので、絶対にこうしなければいけないという事はないのでしょうが、必要最低限のルールを決めておけば、多少の偏見は防げるのではないかなと思います。

例えば・・・

  • 保険情報は事務以外には伝わらないようにする
  • 生活背景や保険情報が必要な部署以外は、傷病に対する話しかしないように徹底する
  • 保険情報は一部の部署にしか見れないようにする

生活保護だと知っているから生まれる偏見もあると思います。

よくテレビで100万円と2,000円のワインを目隠しをして飲んで、どっちが高級ワインかを当てるという企画がありますが、感じ的にはあれぐらいでいいのではないでしょうか。

知っているから生まれる偏見もあるということです。

 

といっても…

入院などになると、患者さんの生活背景や保険情報は必須であり、カルテにも記載されるので必然的に看護師さんたちにもわかってしまうことなので難しい部分ではあります。。。情報も共有しなければいけませんしね。

 

偏見が生れるという事を理解しておく

生活保護という保険情報を知ってしまった場合、どうしても偏見というもは生れてしまうものです。

それなら逆に偏見は持ってしまうもの。として割り切ってしまうことも大事かもしれません。

 

一度、自分でそういった思考の仕組みを理解してしまえばフラットな思考で患者さんと接することができるはずです。

 

まとめ:フラットな感情で接していきたい

私のエピソードに関しては、今思えば結構変な話だったとは思います。良い思い出だけ先行している部分はあると思います。

それでも、私が子供の頃に感じていた”Tさんが好き”という気持ちは本物だったし、今もそれは変わっていません。

一度、生活保護と認識してしまってから接するのとでは、相手の印象や感じ方が180度違ってくる事もあるんですよね・・・

 

生活保護の人にだって、たくさんの人生があったという事と、態度が悪い人だけではないという事を念頭に置き、できるだけ偏見によって対応を変えるとかそういった事は行わず、平等な患者対応を心がけていきたいですよね。

 

-医事コラム

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.