医療事務からの転職

「怒られるのが怖い」と感じた新入医療事務員の生き抜き方【経験者が伝える】

お悩みさん
職場でまた上司に怒られた…。怖くてもう嫌だ…
悪いのは私かもしれないけど、でも怖いから職場に行きたくない…。
お悩みちゃん

こんな悩める新人の医療事務員向けの内容です。

 

何を隠そう、私も、新入社員時代は毎日のように先輩・上司に怒られていたタイプです。

  • 個別に呼ばれて、「リーダーが怒ってるんだけどね」と責められたり
  • 「こんなこと私も言いたくないんだけどさぁ」と詰められたり
  • 「ミス多すぎだよね」と吐き捨てられたり
  • 「どれだけ人の仕事増やしてると思ってるの?」と席を立たれたり…
アドバーグ
今思い出しても泣き出しそうなぐらい辛い思いで…

 

この記事は

  • 今まさに、怒られてツライ思いをしている
  • 怖くて職場に行くのがイヤになっている
  • へこんでいる
  • 怒られるのが怖くてどうしていいかわからなくなっている

こんな新入医療事務員に向けた記事です。

アドバーグ
大丈夫、ずっと「怒られるのが怖い」という気持ちと戦い続けなければいけないわけではありません。実際の体験談を含めて解決策を解説していきますので、ぜひ最後まで目を通してみて下さいね。

 

新入社員が「怒られるのが怖い」と感じる原因

お悩みちゃん
怒られるのが怖い…。メッチャ怖い…。ほんと嫌…。
  • 怒られると心臓が縮む
  • 逃げ出したくなる
  • 泣いてしまう
  • 職場に行くのがイヤすぎる

こんな人、いると思います。

大丈夫、あなたは正常です!

 

もちろん世の中には、怒られてもシラッとした顔をしている人もいます。

でも、大抵の人は怒られるのが嫌いです。

アドバーグ
ここでは「怒られるのが怖い」と感じる原因について、少し考えてみましょう。

 

原因①:他人に怒られた経験があんまり無い

怒られることを人一倍怖いと感じる新入社員は、学生時代に「他人に怒られる経験」をあまりしていない可能性があります。

アドバーグ
私は完全にこのタイプ。いわゆる優等生だったので、親以外に怒られた経験がほとんどありませんでした。
  • 友達とは、ケンカはしても「怒られる」って感じじゃないし
  • 先輩とは、あんまり関わってこなかったし
  • 先生たちは、優等生には甘いモノだし

知り合って間もない目上の人(上司・先輩)に怒られるなんて、私にとっては天地がひっくり返るような驚きでした…

 

怖いやら、恥ずかしいやら、腹がたつやら、落ちこむやら…自分が今どの感情なのかも分からなくなって大パニック。

  • 「先輩の言っていることがおかしい」と考えてみたり
  • 「これはパワハラか?」と悩んでみたり
  • トイレで泣いたり
  • 動悸がするほど思い詰めたり
  • 「私はそんなに仕事ができないのか…」と凹みまくったり
  • 「このままで生きていけるのか?」とメンタル不安定になったり…

要するに、慣れない出来事にだいぶビックリしていたわけですね。

こういう人、意外に多いんじゃないでしょうか?

 

原因②:上司・先輩が感情的

「怒られるのが怖い」と感じる、直接的な原因として考えられるのが、コレ。怒っている方が感情的だから。

上司や先輩、あるいは医師や看護師長から

  • 怒鳴られる
  • 物を蹴とばされる
  • 強い言葉で長時間責められる

なんてことになれば、怖いのは当たり前です。

アドバーグ
いわゆる、「叱る」ではなく「怒る」というヤツですね。

新入社員としては、ビビる方が普通です。あの時は怖かったな…(経験談)

 

原因③:怒られないよりマシだと知らない

新入社員時代、あれだけ

  • 怒られ
  • 怖くなり
  • パニックをおこし

という常態にあった私ですが、今は

アドバーグ
怒られないのも怒られないので、怖いよね…

 

とも思っています。

※だからといって、やたらと怒鳴ってきた先輩や、自分の保身のためにネチネチ攻撃してきた上司に対して「感謝しよう」なんて気にはなれないですけれども。

 

きっかけは、医療事務から他職種への転職で別の業種を経験したことです。

転職先では様々な仕事を

  • 依頼したり
  • 依頼されたり
  • それを横で見ていたり

すると、医療事務以外の世界には、怒られる機会なんてほとんどないことに気が付きます。

 

(もちろん例外はありますが、)基本的に、仕事がやりにくい人は切られるだけです。

 

原因が、コミュ力だろうと、スキルだろうと、なんだろうと変わりません。

クライアントに「ちょっとなぁ」と思われたら、次の依頼はありません。

 

怒られたりしない代わりに、原因を教えてもらうこともできないんです。

アドバーグ
もしも新入社員時代に「怒られないことの怖さ」を意識していたら、「怒られることの怖さ」が、少しは和らいだかもしれません。

 

結論:上司・先輩にも問題あるよね

新入社員が「怒られるのが怖い」と思う原因を3つ、見てきました。

  • 他人に怒られたことがあんまり無い
  • 上司・先輩が感情的
  • 怒られないよりマシだと知らない

総じて思うのは

アドバーグ
怒られる理由が何にせよ、「怖い」って思わせちゃうなんて、上司・先輩にも問題あるよね。

ということ。

 

なぜなら、普通に考えて「怖い」と思っているとき、人間の生産性は低下するからです。

グーグルの調査でも

心理的安全性の高いチームこそが、効果的なチーム

であることが明らかになっています。

 

上司・先輩に怒られる、怖い…という話になると、どうしても「その怒りは妥当か」という話になりがちです。

  • そりゃあお前、そんなミスしたら怒られて当然だろ
  • まぁちょっと言い方はキツイかもしれないけど、常識の範囲内だよね
  • 新入社員のうちは怒られてナンボだよ

みたいなヤツですね。

 

でも、職場は仕事をする場所です。

だから、大切なのは仕事への影響です。

 

論点は、「怒られて当然かどうか」ではなく、「怒った結果何が起きたか」だと思います。

  • ×上司が怒った→新入社員が怖がった→新入社員のパフォーマンスが落ちた
  • 上司が怒った→新入社員が自分の仕事のやり方を見直した→新入社員のパフォーマンスが上がった

ということ。

先輩・上司には、これくらいの視点は持ってて欲しいです。

 

 

「怒られるのが怖い」と感じたときの解決策

お悩みさん
明日からも仕事行かなきゃだけど…どうしたらいいかな?やっぱり怖いよ、怒られるの。

「怒られるのが怖い」毎日を生き延びてきた私から、解決策を3つご提案します♪

 

解決策原因を見つめる

まずは、自分がどうしてそんなに「怒られるのが怖い」のか、冷静に分析してみることです。

  • 他人に怒られたことがあんまり無いから
     →うわぁ、新感覚だわー。私今パニック気味だけど、あと何回くらいで慣れるのかなー?
  • 怒られないよりマシだと知らないから
     →ご指摘は有難く頂戴しないとだよねー。一番下っ端のうちに気づけてラッキーかもー?

みたいに、若干他人事のようなコメントをつけていくと、少し心が落ち着きます。

 

チェックリスト

  • 自分が反省すべきことは、しっかり反省する
  • 感情的なところは、あまり傷つかないように適当に受け流す

そんな区別も大切かと思います。

 

特に、感情的に怒っている先輩・上司に対しては、

「あらあら、そんな大声出しちゃって。私も悪いけど、それは言い過ぎだと思うよー。お家でイヤなことでもあったのかなー。」

くらいの感じに、ナイショで上から目線になってみるのも効果的です。

アドバーグ
最初は難しいですが、最終的に上司が芋に見えてきますw

 

解決策逃げ場はあると知っておく

「え?」と思われそうだけど、一番カンタンで効果的な解決策は、実は転職活動だったりします。

お悩みさん
いや、確かに上司は怖いけど…だからってそんなすぐ転職なんて…

 

違います違います。「すぐ転職しよう!」なんて言ってません。

そんなのあんまり、現実的には思えないですよね。

実際、転職する上では、1年くらいは最初の職場に勤めた方が有利です。

※昔は「3年は勤めないと転職なんてムリ」と言われていましたが、時代は完全に変わりました。

 

しかし、私がおすすめしたいのは「転職」ではなく、「転職活動」です。

 

大事なのは、実際に転職することではなく、「イザとなったら転職できる」という確信を持つこと。

  • 今すぐ転職するとしたら、こういう会社なら応募できるんだな
  • あと数か月我慢すれば、こういう道もひらけるのか

こういう情報を具体的に入手しておくことで、怒られて怖くなってしまっている心が、ずいぶんと慰められるのです。

アドバーグ
私も新人の頃、転職活動に取り組んだことで自信を取り戻すことができました。

 

具体的には、優秀な転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

  • あなたが現状で転職できる会社にはどんなところがあるか?という情報
  • あとどんな条件がそろえば、有利な転職が可能か?という情報
  • 万が一本当に転職することを決めた場合の、選考サポート

など、親身になって対応してくれます。

相談相手としてはリクルートエージェント転職支援サービスなら間違いありません。

勢いあまってブラック企業に転職してしまわないための案件選別や、ひとりひとりに合わせた個別サポートが有名なエージェントです。

リクルートエージェント転職支援サービス

サポートは全て無料ですので、相談しておいて損はありません。

体を壊したりしていない限り、慌てて転職する必要はありません。

でも、「自分は転職できる」ということを確かめておくのは、精神衛生上です♪

 

解決策③必死に仕事を覚える

解決策の3つめは、一番ストレートなやり方。とにかく必死になって仕事を覚えること。

私自身は、このプランで乗り切りました。

アドバーグ
自分の心のケアを工夫しないと、なかなか体育会系な取り組みになってしまうので、解決策①や②との併用がおすすめです!

 

日々怒られて怖い思いをしている中、なかなか「仕事ができるようになってやる」なんて前向きになるのは難しいと思います。

そういうときは、ムリにポジティブになる必要はありません。

 

泣きながらでも仕事はできる。

泣いてもいいし、ネガティブでもいいけど、決して投げ出さないこと。

正しい方向に頑張れば、今のツラい日々にも必ず出口はあります。

 

覚えておいて欲しいことは2つ。

  1. 仕事ができるようになれば、問題は高確率で解決する
  2. どうしても辛かったら、逃げ出してもOK

 

新入社員の今は想像しにくいかもしれませんが、仕事ができるようになってしまえば、「怒られるのが怖い」なんて状態は続きません

  • そもそも怒られる理由がなくなる
    (仕事ができないから怒られる、というのは新入社員あるあるです)
  • 怒っている相手の底が知れる
    (内心「そういう先輩はどうなんです?」と思えてしまえば、あんまり怖くないですよね)
  • 周りにナメられなくなるので、そう簡単に怒られなくなる
    (新入社員が怒られるのは、単にナメられているせい…というケースも少なくありません)

というのがその理由です。

アドバーグ
今の状態がずっとずっとずーーーっと続く…わけではないことを知っておきましょう。出口は必ずあります。

 

そして、あんまり自分を追い詰めないことです。

一度必死にやってみて、それでも光が見えなかったら、逃げ出せばいいんです。

 

今の職場以外にも、あなたがチャレンジできる場所は必ずあります。(それを知るために解決策②転職活動をおすすめしています)

自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。

 

サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。

シロクマがハワイより北極で生きる方を選んだからといって、だれがシロクマを責めますか。

(「西の魔女が死んだ (新潮文庫)」より)

あなたがもしもシロクマで、今の職場がハワイなら、正解は北極を探すこと。ハワイで死ぬまで頑張ることではありませんよ

 

まとめ:怒るのって生産的じゃないよね

先輩・上司に怒られる。怖い。もう嫌だ。

…せっかく始めた社会人生活が、こんなことを感じる日々なのだとしたら、そのダメージは相当のものだと思います。

アドバーグ
でも大丈夫。そんな日々が永遠に続くはわけではありません。出口はあるし、逃げ道もあります。

 

もし万が一、そんな日々がいつまでも続いてしまいそうなら、そしてそれが自分の心身を蝕んでいるのを感じたら…自分の足で逃げ道へ向かった踏み出して下さい

転職も、転職活動も、全く悪いことではありません。

 

努力はもちろん必要です。でも頑張りすぎる必要はありません。リクルートエージェント転職支援サービスのような優秀なエージェントの助けを借りつつ、自分にとって最もプラスのキャリアを選び取って下さいね。

公式サイトへ≫リクルートエージェント転職支援サービス

 

そもそも…

お悩みさん
「転職活動」ってどうやったらいいの?

という新人さんはコチラの記事で詳しく解説しています。

すぐに辞めるのはダメ!医療事務が転職に失敗しない方法【オススメの転職エージェント】

すぐに辞めるのはダメ!医療事務が転職に失敗しない具体的な方法【おすすめ転職エージェント】

続きを見る

 

医療事務の仕事で悩んでいるあなたへ

毎日、仕事にプライベートに忙しい日々を送っていて、いつも頭の片隅にある悩みを後回しにしていませんか?

人間関係、職場環境、劣等感、給料やお金の問題…

医療事務員ならでは悩みってあると思います。

むしろ医療事務にしかわからない悩みってあるでしょう。

 

そういう人はコチラの記事が参考になるかも。

実体験をもとに、どういうステップで考え行動していけばいいかまとめています。

医療事務の悩みはこれで解決!誰でも幸せになれる方法

医療事務の悩みはこれで解決!誰でも幸せになれる方法

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

アドバーグ

新卒で医療事務⇒一般企業⇒医療事務へ。ブラック企業を経てホワイト企業へ転職成功しました。現在は勤続10年、現役の医療事務員やっています。 刺激的な情報を発信したいと思いブログ運営中です。 犬より猫派です。

-医療事務からの転職