医療事務の家作り

地方(田舎)在住の年収300万円でも家は建てられます

更新日:

地方在住であれば、家を建てることは十分に“可能”です。

実際に私が年収300万円ですが、結婚し、家を建てることができました。

 

私の職業は医療事務で、世間一般的に“給料が低い”職種です。

 

30歳手前までは、“給料が低い”ということがコンプレックスで日々悩んでいました。そんな私でも、現在は家を購入し子供を養って生活ができています。

 

地方で年収300万円で生活ができ、なおかつ家まで購入できる根拠について書いていきたいと思います。

 

生活環境

家族構成

私    (30歳) フルタイム

パートナー(30歳) フルタイム

子供    (3歳) 保育園

 

共働き夫婦と、子供1の家族三人で生活しています。

 

家の近くに両親が住んでおり、保育園のお迎えは祖父と祖母にお願いをしている状況です。

 

世帯年収

タイトルでもあげたように私の年収が300万円ほどとなっており、パートナーも私と同じぐらいです。

世帯年収としては約500万円ぐらいでしょうか。

これは、総支給額なので手取りにしたらもっと少ないです・・・

 

月の手取りにしたら・・・

夫 15万

妻 14万

 

住宅ローン

住宅ローンは

借り入れ額 2200万円

頭金なし

フラット35

月々の支払い 約6.4万円

となっています。

 

元々、借金(車のローンや奨学金)はありませんでした。

 

一人では平均の給与より下まわる

一人の収入であれば、余裕で同じ年代の給料の平均を下回ります。

仕事は、給料以上の働きはしているつもりなのですが、事務職なので営業などと違いインセンティブなどもつかず、日々の給料は横ばい続きです。それでも、残業代がすずめの涙ほどでるので、生活の足しにはなっています。

 

よくネットで、同世代の平均給与がでていますが、あんなものは気にする必要はありません。あくまで平均値であり、その統計の中に年収200万円の人から1億円の人だっているわけです。

そんなピンキリの平均を見たってなんの役にもたちません。

 

地方では共働きが当たり前

私は地方の中でも結構田舎にすんでいるのですが、周りのほとんどは共働き世帯です。

ちなみに若い夫婦とかそういったのに限らず、年配の夫婦まで含めてです。

 

昔のように“夫はお金を稼ぐ、妻は家を守る”といった古い概念はリアルな生活ではあまりないようです。

(もしかしたら、昔の人も妻が働いていたが“夫がお金を稼いでいる”という認識だけが残ってしまったのかもしれませんね)

 

都会と比べて給与の水準が違う

上記の共働きになる原因のひとつとして、地方は都会とくらべて基本給が少ないということもあります。

これは、地方でもさらに田舎になればなるほど、都会と年収の差が開いてきます。

 

例えば、都会と地方で条件がまったく同じ仕事をしていても

都会は20万円

地方は18万円

といったように、スタートの基本給から差があるのです。

 

そう考えたら、都会の平均年収と地方を比べるのがアホらしく思えてきます。

 

地方は家賃や土地が安い

都会は給料も高いが土地も高い

地方は給料も安いが土地も安い

 

生活するのに絶対に必要なもの、それは家賃(住宅ローン)ですが、ここにも違いがあります。

家を建てるときも、土地は必ず必要です。

そうなってくると、土地は少しでも安いほうがいいですよね。

 

さっきの、同じ仕事でも給料は都会のほうが高いというのと反対で

同じ土地の面積だが

都会 狭い

地方 広い

といった現象が起きてきます。

 

だから、地方のほうが給料面で比べたとしても、家を建てるには都会と比べたときに有利になってきます。

 

貯金は必要

共働きとなれば、ひとりの収入よりも断然、生活水準がよくなります。

ただし、これは“共働き”できるという状況が前提のため、もしパートナーが病気で働けなくなったとかになった場合が心配です。

そうなったときのためにも貯金は必要不可欠です。

 

保険とかそういった難しい話は置いておいて、貯金のなにがよいかというと心の安定です。

 

これは結構大事なことで、心が安定していないと家族全員が落ち着いて生活できないんですよね。

 

想像して欲しいのが、もし、貯金が300万円あったとします。もし、会社をクビになったとしても、当面の間は無職で生活できるという安心感が生まれます。

 

さらに、500万円あればいつでも海外旅行にいけます。

 

さらに1000万円だったら、残りの住宅ローンすべて払ってもいいし、会社を辞めてフリーランスで働くのもいいかもしれません。

 

なにを伝えたいかというと、貯金がある程度あると会社に縛られない考え方ができるようになります。

 

住宅ローンのために仕事を頑張る。ではなく自分自身のために仕事をするということに繋がっていきます。

 

まとめ

今回一番伝えたかったことは、年収が低いから・・・というコンプレックスがあり、家族のためにも家を購入したいと考えているひとのために、少しでも参考になればと思い書きました。

 

ネットや周りの情報に惑わされてはいけません!!

今の自分たちの生活状況を把握したうえで、自分の判断で家の購入を検討していければいいと思います。

 

住宅ローンが気になったらまずは相談から

家が欲しいな~と考えた時に一番気になるのが住宅ローンだと思います。

『所得が低いけど、住宅ローンは組めるのか?』

『そもそも住宅ローンの仕組みがいまいち分からない』

『家を建てた後の家計はどうなる?』

 

 

といった分からない事が重なり、家づくりが始まらない、始められないという人も多いかと思います。

もし、そういった事で悩んでいるのであれば、まずは住宅ローンのプロに相談をしてみるのもいいかもしれません。

 

資料請求とかお店に行くとかではなくて、単純に電話だけなので、軽い気持ちで利用ができます。

家・保険・住宅ローンについての不安をサポート!【住宅本舗の電話相談】

 

よく読まれている記事

当サイトで、よく読まれている記事の一覧です。

キレイになりたい!美容に興味がある人に

美容、キレイになる事に興味がある!!けど、医療事務の今の給料では、なかなか化粧品、美容グッズ、エステに通うのは金銭的に厳しい…

そんなあなたに朗報です。お金をかけずに”美容モニター”という方法を使えば、【無料+少しの報酬がもらえる】で化粧品やエステなどの美容に関するものが使えます。

今の医療事務の給料に不満がある人へ

今の職場の給料に満足いっていない、もう少し給料が上がればな…と考えている医療事務員は多いと思います。基本的に、医療事務は給料が低めの事が多いです。

なぜ、給料が低いのか?そもそも、これからどうしたら給料アップできるのか?という事をまとめた記事になっています。

医療事務から転職するか悩んでる人へ

医療事務として働いていたら必ず、一度は、「転職したい!!」って衝動にかられるときがあると思います。人間関係、給料、過剰労働、やりたい事をみつけた、などなど…一番多いのは人間関係かもしれませんがw

そんな医療事務から、前向きに転職を考えている人に向けて、具体的に考えるべき事をまとめた記事になっています。

-医療事務の家作り

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.