【家づくり】医療事務でも家が買える?

【家づくり】リクシルとトートーのトイレはどっちが良いのか比較した結果

更新日:

私がハウスメーカで家を建てる際に、トイレは家の本体価格に含まれており、ハウスメーカーが提携しているトイレのメーカーさんから選んでいく、というスタイルでした。

 

提携しているメーカーには

・TOTO(トートー)

・LIXIL(リクシル) ※旧 INAX(イナックス)

・タカラ

・パナソニック

があり、その中から選べるというものでした。

 

タカラは選択肢からすぐに外れたのですが(ホーローの壁は魅力的でしたが)、トートーとリクシルは、最後まで悩みました。

 

どちらも魅力的で、甲乙つけがたかったからです。

 

そこで、私が悩んだあげく最終的にトートーを選んだ理由を書いて行きたいと思います。

型番はトートーは『ZJ』、リクシルは『ベーシアシャワートイレ』

 

形はリクシルが美しい

最初のパッと見た感じの印象では、一番リクシルが美しく思えました。

 

特に、タンク下の便器の側面の窪みが少なく、丸みを帯びたフォルムがおしゃれさをより一層、際立出せていました。

 

一方、トートーはというと・・・

形はかっこよくありませんでした。

 

なんか、いかにもどこにでもあるような”無難な形”といった印象でした。

 

なので、形としてはリクシルに軍配があがったといったところです。

 

便器の性能

トイレでは、ここが一番重要になってくる部分です。

ちなみに、どちらともフチレスの使用となっておりました。

 

最初は、絶対にフチレス!!

と思っていたのですが、今はどこのメーカーも基本的にはフチレスのようでした。

 

リクシルのアクアセラミック

汚物の汚れがツルンと落ち、水垢もこびりつかないので簡単に掃除ができ、ツルツルが100年続きますよ!

というキャッチコピーのやつです。

 

実際に、油汚れを使った実験(汚物は主に油成分が多いため)を、ショールームで見せてもらったのですが、確かにきれいに落ちていました。

 

ただ、これが100年もつのか・・・?

実際、100年使ったわけではないし、全く掃除をしなくてもよい、というわけではなさそうだったので、これを信じ切って判断してもいいのかな?と疑問に思うところはありました。

 

まったく掃除をしなくて良いという訳ではないので、勘違いしている人は注意が必要かもしれません。

 

トートーのプレミスト

トートーも、便器の素材はリクシル同様に汚れが落ちやすく、掃除がしやすいとのことでしたが、それ以上に私が惹かれたのが

”プレミスト”でした。

 

掃除はしなければいけないが、これがあれば、こびり付き汚れをだいぶ軽減できると判断しました。

あと、見た目もミストがでていたら清潔そうなイメージ沸きますよね。

 

節水はほぼ同じ

節水に関してはほぼ同じぐらいでした。

 

トートーが年間13,800円の節水

リクシルが年間14,200円の節水

 

ここら辺は、気にするほどのレベルではないのかなといった感じで、判断の材料とはなりませんでした。

 

ノズルはリクシルが清潔

ノズルに関しては、トートーはスタンダードなタイプでしたが

リクシルは『レディスノズル』というものがあり、全部で2本のノズルを使用するタイプです。

 

方法としては、通常用と女性用のビデ洗浄と、それぞれノズルが使い分けれるようになっています。

 

これは女性にはうれしい事のようで、妻は断然これを気に入っていました。

さらに、リクシルはノズルも取り外し可能で洗うこともできるで、衛生面でも安心感がありました。

 

ただ・・・

ノズルまで定期的に洗うか?と言われれば、疑問が残るところがあります。

 

決め手はハウスメーカーとの提携の設定価格

いろいろ比較できそうな部分を書いてきましたが、

正直なところ、どちらも素晴らしく、同じぐらいの性能と見た目でした。

 

ただ、唯一違った部分が”金額”でした。

 

これは、私が依頼した工務店の独自のものになるのですが、提携先(工務店やハウスメーカー)によって、トイレのメーカーも融通を利かせて、金額を安く変更したりしているようです。

 

今回の私の場合は、トートーが強い提携をしているらしく、設備の仕様はそのままで、価格帯はだいぶ下げての設定とのことでした。

 

たしかに同じ値段なのに、トートーには『パワー脱臭』『便座リフトアップ』が標準仕様でしたが、リクシルはオプション扱いとなっていました。

 

性能がほぼ同じで、オプション使用のものが付いてくるのであれば、断然、そっちを選んでしまいますよね。

 

トイレ設備の選び方

上記のように、私は金額面でトートーを選びました。

性能で選ぶつもりでしたが、そんな頻繁に買うような商品でもないし、比較できる材料が少なく、自分では判断しづらいと思ったからです。

 

また、最近のトイレはどこのメーカーさんも、しっかりした仕様の商品ばかりとなっているので、そこまでの差はないように感じました。

 

これは、すべての人に当てはまるわけではないですが、ハウスメーカーや工務店で家を建てる人などは、提携先のメーカーから優遇されているか?

という部分も判断材料の一つになってくるのではないでしょうか。

 

住宅ローンが気になったらまずは相談から

家が欲しいな~と考えた時に一番気になるのが住宅ローンだと思います。

 

『所得が低いけど、住宅ローンは組めるのか?』

『そもそも住宅ローンの仕組みがいまいち分からない』

『家を建てた後の家計はどうなる?』

 

といった分からない事が重なり、家づくりが始まらない、始められないという人も多いかと思います。

もし、そういった事で悩んでいるのであれば、まずは住宅ローンのプロに相談をしてみるのもいいかもしれません。

 

資料請求とかお店に行くとかではなくて、単純に電話だけなので、軽い気持ちで利用ができるのでオススメですよ!

⇒ 家・保険・住宅ローンについての不安をサポート!【住宅本舗の電話相談】

 

家づくりで悩まれている方へ

まだ、具体的にハウスメーカーや家の構想が決まっていないというのであれば、まずは資料請求から初めてみるのはどうでしょうか?

 

実際の建築事例なども掲載されているので、下手に本屋さんでカタログをかたっぱしから買うよりは、お得ですよ。※資料請求は無料ですからね。

 

実際に、手に取って写真を見たほうがイメージが沸きやすいと思うのでオススメですよ。なにより、自分が新しい家に住んでいる姿を想像するのは楽しいですからね(笑)

理想の家づくり。成功のコツとは

 

-【家づくり】医療事務でも家が買える?

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.