医療事務からの転職

『将来性ないし辞めたい…』男性医療事務が劣等感から希望をみつける方法

男性で医療事務として働いていると…

「医療事務ってホントに男がやるような仕事なのか」

「男の仕事にしては給料が低すぎないか」

「周りが女性ばかりで肩身が狭い」

など、悩んだり考えさせられるシチュエーションが多々あるかと思います。

こういう悩みって他の職業ではないだろうし男性医療事務員の特有の悩みだと思います。

 

だからこそ、男性医療事務ならでは悩みって他の人にはあんまり理解してもらえず、また説明してもわかってもらえない部分でもあるんですよね。

 

先に結論から申し上げて劣等感を感じる必要はありません。

男性で医療事務をされているということは、すでに立派な職業につかれています。

この断言できる根拠についても書いていきます。

 

なぜ劣等感を感じるのか

  • 病院という特殊な環境
  • 女性が多いという仕事がしずらい環境
  • 仕事内容に見合わない給料体制・・・

例を上げればきりがありませんが劣等感を感じるポイントをあげていきたいと思います。

 

男性にしては圧倒的に給料が低い

まず、なにより感じるのは同じ世代に比べて給料が少ないということでしょう。

ここで悩んでいる男性医療事務員も多いはずです。

 

周りの友達は羽振りがよさそうで、旅行の話しを聞いたり、いい車に買い換えたりしているのを見ると「俺って給料が低いのかも・・・」って頭によぎってしまうのですよね。

 

なぜ給料が低いか

それは”事務職”だからです。

何かを売って利益をだすポジションの職種ではないので、基本的な考えとしてどうしも基本給が低いのです。

 

極論、言われたとおりにすれば誰でもできる仕事という認識なんですね(もちろん、言われたとおりにするだけで仕事ができるはずはありませんが)。

 

ほかにも、厳しい言い方をすればあなたの頑張りが足りないかです。

本当にがむしゃらに頑張っている人であれば出生して課長ぐらいにはなれるかもしれません。

そうすれば、いまより断然よい給料がもらえるでしょう。

課長といっても、役職手当が5万円つけばいいほうでしょうが…

 

やはり、世間一般と比べると平均の給料よりは低いでしょう。

現場のリアルな給料事情はこちら

参考記事 医療事務は本当に給料が低いの?その理由と今後やるべき事とは

 

男は稼ぐという間違った固定概念は取り払おう

20代前半のときは、自分の給料って気にしたことはあまりなかったかもしれませんね。

そのときが楽しければいいかな、って楽観視していた人も多いはずです。

 

ただ、実際に自分が結婚をして親になったときに、昔から『親父は一家の大黒柱で家族のために稼がなければいけない』という概念を頭に刷り込まれてきた人も多いのです。

 

たぶん、この刷り込みの原因として

  • 自分の親や親戚などからのインプット
  • テレビやメディアの影響

が関係していると思います。

 

でもそれって、誰が言い出して誰が決めたんですか?

あなた自身が考えて導き出した答えですか?

 

もし、自分で導き出した答えなのであれば、すでに転職をして、この記事も読んでいないはずです。

 

“父親(男)は稼がなければいけない”という概念が自分で考えたことでないのであれば、

男だから給料が低いことがコンプレックスだ。と思う必要は一切ありません。

 

それは世間が勝手に言い出したことであり、あなたの生活とはまったく関係ありません。

それとも、あなたの今の生活がカツカツで首も回らない状況なのでしょうか?

もし、そうなのであれば転職することをオススメします。

 

年を重ねても裁量権がつくことは一生ない

裁量権がないと感じるのは、医療事務に限らずどこの企業に勤めていても同じはずです。

それでも、一般企業よりも“裁量権がない”と思う機会は多いはず。

それはやはり病院という医師が主体の組織だからです。

 

医療事務として、どんなに頑張っても課長止まり・・・

最終決定権は医師がもっており、どんなに出世しても最終的は裁量権はありません。

ましてや、役職のついていない医事課職員には裁量権の“さ”の字もつかないことでしょう。

 

医療機関としての男性医療事務員の立場

上記でも少しあげたように、病院のトップは医師です。

それから薬剤師や看護師などがいます。

仕事の内容は全く違いますが、それをサポートする形で医療事務という立場があります。

医療事務が、他の医師や看護師たちを大きく違うことは、“国家資格がなくても働ける”ということです。

 

極端な言い方をすれば、誰がやっても同じといった感じでしょうか。

 

しかし、実際に真剣に医療事務として働いてきた方ならわかると思いますが、医療事務も立派な専門職です。

現場で培った知識は大変貴重なものであり、自分自身の強い武器と言えるでしょう。

 

資格がどうとかではなく、自分の知識と経験に自信があるかないかで、立場のとらえ方に違いが生まれてくるかと思います。

そこで自分にしっかりと自信を持つことが重要です!!

 

給料に限界を感じたら転職を視野に入れて行動する

看護師さんなどが持っている国家資格について、これは医療事務と大きな違いがあります。

看護師さんたちは、国家資格を持っているので、職場が気に入らなければすぐに病院を辞めて他の病院へ転職してしまいます。

 

施設基準に精通している方であれば分かると思いますが、看護師は施設基準上で必要不可欠な存在であり、転職先は引き手数多なのです。

 

一応、医療事務も転職しやすいと言われている職業と資格ですが、現実的に私はそうだとは思いません。

転職はしやすいですが看護師とは違い元々の基本給が違うんです。

 

看護師は転職しても基本給は

例えば・・・

  • 転職前 25万
  • 転職後 25万

とそこまでの変動は少ないでしょう。

 

しかし、医療事務は元々の基本給が少ないので、いままで年に一回の昇給でしか基本給をあげることができません。

転職をすると昇給をしたぶんまでもが、リセットされてしまいます。

 

例えば・・・

  • 転職前 20万円
  • 転職後 18万円

と長く勤めていた分だけ減ってしまうと予想されます。

基本給がリセットされるのは看護師も同じですが、元の給料が違うことで、リセットされたときの幅が大きく感じてしまうはずです。

上記は自己都合で転職した場合を元に考えています。

 

だいたいは、転職前の基本給を元に転職先で給与決定をするので、すべてリセットされるわけではなく、参考とされるので大きく変わることはないです。

医療事務から医療事務へ転職したとしても、待遇面での改善は見込まれないでしょう。

 

転職したほうがいいタイプの男性医療事務員

男性で医療事務で働く上で大事なことは、プライドを持って働いていく。ということが長く働く上で重要なポイントかなと思います。

 

それでも・・・

はやり気になるのは、どうしても給料という部分ではないでしょうか?

『結婚した、もしくは結婚したい』

『子供が生まれてこのままの給料で生活ができるか不安』

『家族を養えるぐらい稼ぎたい』

人生のターニングポイントなどで、こういったことを感じる方も多いかと思います。

 

また、結婚していなかったり、子供がいなくても将来を考えて不安になることもあると思います。

『将来に希望が見いだせない』

『今が不安でしょうがない』

『安い給料にすごい不満がある!!』

 

もし、給料の面で不安を感じているなら、今すぐに転職をするべきです!

いろいろ考えていてもしょうがありません。

今、勤務してる病院やクリニックでは、絶対に待遇は改善されません。(経営者は一人の従業員のことなんて考えていませんからね。)

やはり、状況を打開するには自分で行動を起こすしかありません。

 

まとめ:あなた自身が決めて行動をしよう

今回の記事で一番伝えたかったことは

世間一般的な考えを基準に考えるのではなく、自分自身で現職が向いているのか考えるということです。

 

世間一般的な基準なんて無責任なものです。

あなたにとって有益になるものですか?

答えは“いいえ”です。

世間に流されないように、しっかりと自分の考えで将来のビジョンを見据えるようにしましょう。

>>転職を少しでも考えているなら

こちらの記事では、男性の医療事務員が転職する際に考えること、オススメの転職サイトを紹介しています。

-医療事務からの転職

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.