医療事務でもできる副業

【再現率100%】1万円の収入をアップ!医療事務しながらできる簡単な方法

言葉を選ばずに言うと、医療事務は給料が低いです。

平均的な給料とは程遠く、「これだけの給料では生活が厳しい!!」という方もいるでしょう。

 

「あと、1万円だけでもいいからアップできたら楽できるのにな~」

なんて思う事もあるでしょう。

例えば

毎月の収入が1万円アップしただけなにができるでしょうか?

  • 半年に1回の旅行
  • プラス月1回の外食
  • あと一着、好きな洋服が買える

大きな贅沢ではありませんが、小さな幸せは確実に手に入れることが出来ます。

 

では、どのようにして、あと1万円の収入をアップすることができるのでしょうか?

なにかを頑張らなくてはいけないのでしょうか?

 

大変な思いをしなくても、月に1万円程度であれば、簡単に手にすることができます。

もちろん、怪しいものでもなく、公的な制度を利用してです。

実際、何種類か方法があるので、再現性が高いものをご紹介していきます。

 

残業するのは不毛なのでオススメできない

ちょっと前までは、医療事務でも残業を頑張っていれば、月に残業代だけで4~5万円稼げるときはありました。

しかし、今は働き方改革が進んで、残業をさせる職場も減ってきています。

もちろん、働き方改革は建て前で、「残業代を払いたくない」というのが、企業の本音でしょう。

 

しかも、残業って苦痛じゃありませんか?

ただでさえ、大変な業務なのに、そこから何時間も病院にいるのは本当に辛いです。

これでは、体も心も消耗してしまいます。

なので、収入アップのために残業をするというのはオススメできません。

 

出世して役職手当をもらうのも責任が大きい割に給料が見合わない

主任、係長、課長…

偉くなれば、役職手当というものが毎月でます。

例えば

  • 主任→10,000円
  • 係長→20,000円
  • 課長→50,000円

※医療機関によって金額は異なりますが、一般的にはこんなもんだと思います。

 

確かに、これだけの金額を、毎月、基本給とは別でもらえたら嬉しいですよね。

でも、忘れてはいけないのは、その分、責任が増えるということです。

 

主任さんになって、たった1万円のために、部下から嫌味を言われ、面倒な仕事を上司から押し付けられ、主任とは名ばかりで待遇は一般社員と同じ…

 

偉くなりたいって人ならいいかもですが、収入アップのために偉くなるのって不毛です。

お金のための出世であればオススメできません。

 

医療事務の給料には限りがあるので転職する

医療事務の給料には、限界があります。

どんなに頑張っても、手取りが20万円超えばよいほうかもしれません。

 

では、やはり転職でしょうか?

本気で困っているなら転職を考えるのも手ですが、その前に医療事務の給料がなぜ低いのか?という事を考えてみるのもいいかもしれません。

こちらの記事が医療事務の給料について詳しくまとめてあります。

医療事務は本当に給料が安いの?その理由と今後やるべき事とは

続きを見る

 

すぐには辞めれないなら副業も良いがオススメではない

「家族もいるし、すぐに転職もできない」

「現状は変えたくない」

というのであれば、最近、よく耳にする副業はどうでしょうか?

  • アフィリエイト
  • 投資
  • ユーチューバー
  • せどり

聞いたことがあるものがあるかもしれませんね。

やるのは構いません。

自分が楽しいと思えるものであれば、長続きできて、なおかつ収入までアップできたら嬉しいですよね。

 

でも、お金を稼ぐって簡単ではありません。

どれも大変なので、たくさんの人が挑戦して挫折していくのです。

みんな儲かってたら、仕事なんてしていませんからね。

 

であれば、副業は辞めてた方がいい?

個人的には、やらないよりはやった方がいいと思いますが、それでも「面倒」と思うようであればやめてたほうがいいでしょう。

 

確実な収入アップ方法は固定費を削る

「いろいろな方法で収入アップするというのはわかったけど、どれも大変そう…稼げるか分からないものに時間を使うのはもったいない。」

というのが正直な感想だと思います。

その気持ちは痛いほどわかります。

 

ただでさえ、毎日、忙しくて家に帰ってきてお風呂に入って、ご飯を食べたら疲れてそのままで寝てしまう…

 

では、医療事務を続けながら、今以上に収入アップすることはできないのでしょうか??

そんな事はありません。

 

逆転の発想でいきましょう。

多くの人は、

稼ぐ=お金を増やす

という事が目的なのではないでしょうか?

であれば、固定費を削って、自分で使えるお金を増やすのも同じような意味あいになりますよね。

 

正直なところ、お金を稼ぐって面倒です。

だったら、”お金を増やす”という事を考えれば、稼ぐよりも生活コストを下げて、差額分を自由に使った方が楽じゃありませんか?

 

例えば

収入を5,000円増やすのより、固定費を10,000円減らした方がはるかに簡単です。

具体的にはどうする?

  • 携帯を格安SIMにする

  • 化粧水を安価なものへ

  • 保険の見直し

などがあります。

 

それぞれ…

スマホを格安SIMにする

月々8,000円→3,000円、年間で6万円も節約に。

 

化粧水を安価なものへ

化粧水など毎日のように使うものではれば、多少、安いものでもそこまで変化はありません。

一度、安いものを試してみて、そこまで変化がなければ安い方へ乗り換えてもいいでしょう。

※商品によっていくらぐらい削減できるかはわかりませんが、現在、高価なものを使っているのであれば、月に1万円程度は浮くかもしれません。

 

保険の見直しをする

「どれもちょっと面倒そうだし、現状を変えるのも抵抗があるな…」

と思う方も多いかもしれませんね。

事実、格安SIMの手続きは、面倒に感じる方が多いので普及が進んでいないという事もあります。※本当はとても簡単です。

 

そこで、この中で一番簡単にできて、もっとも効果があるのが保険の見直しです。

次に、保険の見直しの具体的なメリットを挙げていきます。

 

保険が最も無駄遣いで最も固定費を削減できる

固定費を削るなら、保険の見直しがってとり早いし、一番お得です。

 

いままで、なんとく親や知り合いの付き合いで、保険とかに加入していませんでしたか?

第一生命とか、かんぽ生命とか有名なところで加入している人も多いのではないでしょうか?

 

断言しますが、あなたに合った保険でなければ、ただの無駄遣いです。

そもそも、保険にかけている分を貯金した方が、自分の手元にお金も残るし、安心できませんか?

月々の保険料を安く抑えて、差額を自分の為に使いたいですよね。外食したり、旅行したり。

 

ざっくりした計算ですが、私の場合、保険を見直ししたおかげで

月に1万円は保険料を抑えることができました。

 

月に1万円浮いたので、

  • 旅行
  • 貯金
  • 洋服

選択肢がかなり広がりました。

たった1万円、と思うかもしれませんが、これが毎月となると経済的にも気持ち的にもかなり楽になりますよ。

 

高額療養費があるので入院しても大丈夫

医療事務であれば、当然、高額療養費(限度額認定証)については御存じですよね。なので、詳しくは割愛します。

ここで言いたいのは、入院時に、生命保険に加入していなくても、高額療養費である程度はなんとかなるということです。

 

仮に、限度額認定が「エ」だったらどうでしょうか?

※医療事務であれば、だいたいは「エ」に該当するのではないでしょうか。

入院費の支払いに高額療養費を使った場合

  • 医療費の57,600円
  • 食事代の1食460円で31日で42,780円

合計で100,380円

約10万円ぐらいあれば、保険に入っていなくても、貯金してたら足りると思いませんか?

毎月10,000円ぐらいの保険料を払うより、自分で貯金していったほうが現実的に思えるのではないでしょうか。

 

これぐらいだったら、手厚い毎月の支払が多い保険に入るよりも安い保険でも十分なんでは?という事です。

 

具体的に増えるお金

個人の契約内容によって異なってきますが、「なんとなく~」や付き合いで加入している保険の場合、1万円以上は安くなる確率が高いです。

例えばのケースですが…

保険コネクト公式ホームページより引用

 

家族世帯なら確実に安くなる

2人分なので、確実に安くなります。補償も手厚いものを選ぶことができます。

 

独身の方でも十分に安くなる

「必要な保険」「不要な保険」を振り分けて無駄な出費を抑えて感がてくれるので、お金を節約できることに間違いはありません。

 

投資型もあるので将来へ向けての蓄えもできる

個人的には、一番のオススメは保険なのに一緒に投資もできるといわけです。

最初は「?」といった感じかもしれません。

イメージ的には、最近よく聞く、投資信託やiDeCoみたいなものです。

簡単に言えば

  • 保険なので保障(死亡時や入院、通院時にでるお金)の部分は確約(絶対にでる)します
  • 投資して増えたら差額は利益としてあなたの物になりますよ

ということです。

これだけ聞いたらメチャクチャお得じゃん!って思いますよね。

その通りです。お得です。

 

ここまで聞いたら怪しいと感じるかもですが、あくまで保険なので公的な要素が大きいので大丈夫です。

会社も損保ジャパンとかソニー生命とか超有名なところなので安心です。

増える金額

私が入っているのは積立型で、毎月7,000円の保険に入っているだけで、将来的に元本(実際に積み立てたお金)250万円→利益見込み(保険が自動で増やしてくれるお金)500~700万円、というのに加入しています。

投資型は途中でも利益分を引き出すことができます。なので、旅行、車や家の購入などまとまったお金が必要な時に一部解約という事もできます。

 

豆知識

「そんなにお得なら、なぜみんな加入しないの?」

答えは単純で、”みんな知らないから”です。

 

保険でも、プロに投資を任せる&補償もバッチリある

という事を知らないから、みんな単純に貯金しかしないんですよね。

こんなにもったいない話はありません。

 

使えるお金をあと1万円を増やしたいなら保険の相談をプロへしてみる

「正直、文章だけでは理解しにくい」

「めっちゃ興味出たけど、疑問に思う事がたくさんある」

「少しでも早く保険の見直しをしたい」

ネットだけでは分からない、理解できない事が多いと思います。

なにより、調べるのって時間がかかるし、面倒です!

なので、

チェックリスト

  • 詳しいことは分からないけど、自由に使えるお金を増やしたい

  • お得に保険に加入したい、だけど自分で調べるのは面倒くさい

という人は、まずはお金のプロに相談から入った方がいいです。

 

相談内容としては

「毎月、1万円ぐらいコストを削減したい」

「投資型に挑戦してみたい」

といったあなたの要望を伝えるだけでOKです。

プロが分からない事を教えてくれます。

 

繰り返しになりますが、「たった1万円」、と思うかもしれませんが、これが毎月となると、経済的にも気持ち的にも本当に楽になります。

 

こちらの公式ページから、簡単に相談の予約ができるので、すぐに相談してみてはどうでしょうか?

>>今より、あと1万円余裕のある生活を想像してみる

 

-医療事務でもできる副業

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.