医療事務の知識

創傷処置と創傷処理の違い 医事の勉強でよく分からない部分を説明

更新日:

創傷処置と創傷処理の違いは、医療事務を勉強し始めて最初にぶつかる”違いがよくわからない” 項目だと思います。

 

医事で働く以上は、知ってて当然の算定項目ですが、誰もが最初から知っているわけではないと思うので、今回は、その創傷処置と創傷処理の違いと治療内容について書いて行きます。

 

創傷とは

創傷とは、外的圧力により表面や臓器の連続性が破壊された状態を言います。

なお、一般的には

「創」は創面が体表に見られる損傷のことを指します。

「傷」は体表面下の閉鎖性損傷を言います。

 

ちょっと難しいの簡単な例を挙げてみると

:打撲、衝突、圧創などで傷口が開いたもの

:    〃      傷口が無いもの

本当に簡単に書いたので、こんな感じとぐらいに思ってもらえればいいと思います。

 

創傷処理とは

創傷は、挫創や切創や擦過創などの種類があります。

これらの創傷に対して、切除、縫合を行った場合にK000創傷処理(手術)が算定できます。

 

ただし、2回目以降の処置はJ000創傷処置として算定していきます。

基本的には手術の項目なので、一回のみの算定となります。

 

参考:デブリードマンの算定方法と違いについて

 

創傷処置とは

創傷処置は、創傷部を感染から防ぎ良好な創傷治癒過程を助けるため、簡単な消毒ガーゼによる被覆等を行うものであります。

 

なので、創傷に対して切除縫合を行わず、単に消毒や薬剤の塗布、ガーゼや絆創膏の貼り付け等を行った場合は、創傷処置として算定します。

 

ちなみに、熱傷、電撃傷、薬傷、凍傷に対する創傷処置は J 001の熱傷処置により算定します。

 

違いのまとめ

治療の内容が分かっていれば、算定間違いをすることはまず無いかとは思います。

 

さらに、違いをまとめると

創傷処理 = 傷を縫合する

創傷処置 = 傷を縫合しない

と覚えておくのも一つの手でしょう。

 

両方とも、外来で行うことが多い算定項目になりますで、違いは十分に理解しておく必要がありますね。

 

 

-医療事務の知識

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.