労災関係まとめ

労災患者が歯科を受診した場合の請求方法 必要な手続き関係とは

更新日:

私の勤務先の病院には併設して歯科も行っています。歯科があるといっても、医科の建物の中に歯科があるという形で併設しています。

 

そんな歯科に、労災の疾患が受診にきたらどうしましょう?やっぱり医科と同じように請求をする?それとも歯科は独自の請求方法があるのか?当時の私にはさっぱりわかりませんでした。

 

今回、そんな私が対応したときの事例を書いていきたいと思います。

 

そもそも労災が初めてという方への参考記事:医療事務向け労災マニュアルと手順

 

歯科に労災の患者が来たとき

仕事中にケガをしたということ、で歯科を受診しました。初めてのケースだったので少し戸惑いましたね。

もしかしたら、他にも同じような事例がある病院もあるかもしれないので対応方法を伝えたいと思います。

 

①初期対応

 基本的には医科と同じ対応で大丈夫です。

 初診であれば、5号様式が必要だし、転院であれば6号様式が必要になってきます。

 (※医科と歯科で受診がある場合はそれぞれで5号様式、6号様式の提出が必要になります。)

 

②請求方法は医科と異なる

医科では労災の電子請求を行っている病院は多いと思います。私の勤務病院でも労災は電子請求を行っています。

しかし、医科は電子請求を行っているが歯科どうなるのだろう?ちょっと調べてみました。

 

歯科は電子レセ請求できるのか

私の勤務病院が導入している医事コンの業者さんに、「歯科も電子請求できるのか」という問い合わせをしてみました。

すると、“医科”と一緒に電子請求はできないということでした。

 

もし、歯科も電子請求したいということであれば、歯科は歯科で労災の電子請求の登録を行わなければいけないようです(登録方法は医科と同じ)。

 

また、これは歯科の医事コン業者にオプションでつけてもらわなければいけないようです。私の勤務病院ではもったいないので追加しませんでした。

 

そもそもが、歯科で受診した診療費を労災へ請求するケース自体がほぼないようですね。

 

労働基準監督署に聞いたこと

どうすれば歯科の診療費を請求できるのか労働局に聞いてみました。

 

請求方法について

2号or3号用紙(紙の労災レセプトのこと)に点数と金額を記入する。それ以外の項目の摘要、診療内容は別紙として歯科の通常のレセ(国保、社保におくってるやつ)を送ればよい。

 

とのことでした。電子請求でない場合は紙媒体での請求(レセを郵送)する方法しかないようです。

 

歯科も労災の指定科目が必要

私の勤務病院は歯科が併設しているのですが、これはいままで”医科”の労災指定病院として登録してきた診療科とは別の扱いになるようです。

 

今回、新しく労災指定病院の診療科目の追加の書類を作成、労働局へ提出しました。

 

書式については、所定のものがあるので労働局から送ってもらいました。

 

まとめ

結局、歯科の場合は労災で受診する絶対数が少ないので、紙レセで郵送するのが一番かなと感じました。

自賠責も含めてですが、通常の健保請求以外の請求方法は、請求準備が面倒だと改めて思いますね。

 

 

よく読まれている記事

当サイトで、よく読まれている記事の一覧です。

キレイになりたい!美容に興味がある人に

美容、キレイになる事に興味がある!!けど、医療事務の今の給料では、なかなか化粧品、美容グッズ、エステに通うのは金銭的に厳しい…

そんなあなたに朗報です。お金をかけずに”美容モニター”という方法を使えば、【無料+少しの報酬がもらえる】で化粧品やエステなどの美容に関するものが使えます。

今の医療事務の給料に不満がある人へ

今の職場の給料に満足いっていない、もう少し給料が上がればな…と考えている医療事務員は多いと思います。基本的に、医療事務は給料が低めの事が多いです。

なぜ、給料が低いのか?そもそも、これからどうしたら給料アップできるのか?という事をまとめた記事になっています。

医療事務から転職するか悩んでる人へ

医療事務として働いていたら必ず、一度は、「転職したい!!」って衝動にかられるときがあると思います。人間関係、給料、過剰労働、やりたい事をみつけた、などなど…一番多いのは人間関係かもしれませんがw

そんな医療事務から、前向きに転職を考えている人に向けて、具体的に考えるべき事をまとめた記事になっています。

-労災関係まとめ

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.