労災関係まとめ

労災で創傷処理を算定するときのポイントと算定例

投稿日:

労災で処置や手術を四肢(手足)に行った場合、労災独自のもので四肢加算が算定できます。通常の保険請求よりも加算分が多く請求できますよね。

 

ただ、労災独自の算定方法になりますので、いつもは保険請求を行っていると、『この算定だと四肢加算はとれるんだっけ?』といった感じで混乱してしまう部分もあると思います。

 

今回は、労災で算定する機会がもっとも多いかと思われる手術、創傷処理を行った場合の算定時の注意点をまとめてみました。

また、分かりやすいように算定例も載せていきたいと思います。

 

四肢加算とは

四肢(鎖骨、肩甲骨及び股関節を含む。)の傷病に対して次に掲げる手術を行った場合、健保点数の1.5倍により算定することができます(1点未満切り上げ)。

また、手(手関節以下)及び手の指の傷病に行った場合は、健保点数の2.0倍で算定できます。

 

四肢加算算定のポイント

四肢加算の対象となる「健保点数」とは、健保点数表の「第2章第10部手術の第1節手術料」に掲げられた点数、及び各区分の注に規定する加算の合計をいい、通則の加算点数は含みません。

 

つまり、早見表でいうと「K000 創傷処理」の枠で囲まれている部分に入っている加算(デブリードマン加算100点とか)は、手技点数に合算してから×1.5倍もしくは2.0倍します。

 

それ以外の、通則に載っている項目(例えば、感染症患者加算1,000点)は、四肢加算の対象にはならないので、1.5倍2.0倍できません。

 

ただし、医科点数表手術料の「通則12」(時間外加算。休日加算及び深夜加算)の加算については「健保点数」に含みます。

つまり、手技点数+時間外加算×1.5倍及び2.0倍となります。

 

説明だけでは、理解するのに時間がかかると思うので、次で実際に算定例を挙げていきたいともいます。

 

四肢加算の算定例

右足背にK000創傷処理(筋肉・臓器に達しないもの)4cmを行った場合

健保の場合 ⇒470点

労災の場合 ⇒470点×1.5倍=705点

 

※足は四肢加算の対象部位です。手や指ではないので1.5倍します。

 

右手背にK000創傷処理(筋肉・臓器に達しないもの)4cmを行った場合

健保の場合 ⇒470点

労災の場合 ⇒470点×2.0倍=940点

 

手関節以下(手部)に行った創傷処理(手の指の創傷処理(筋肉・臓器に達しないもの)を除く)は健保の2.0倍で算定します。

※指の創傷処理については、後述します。

 

右手背にK000創傷処理(筋肉・臓器に達しないもの)4cmとデブリードマン(100点)を行った場合

(470点+100点)×2.0倍=1,140点

四肢加算の算定の対象となる健保点数には、医科点数表手術料の区分の注に規定する加算を含みます。

なので、デブリードマン加算(100点)を合計した後の点数に対して2.0倍で算定します。

 

時間外に右手背にK000創傷処理(筋肉・臓器に達しないもの)4cmを行った場合

470点×1.4倍(時間外加算2)×2.0倍(四肢加算)=1,316点

となります。

原則、通則の加算は四肢加算には含みませんが、「通則12」の時間外加算や休日加算については、時間外加算の点数に対して2.0倍します。

 

指に創傷処理を行う場合は注意が必要

ここは、結構間違えやすい項目なので注意が必要です!!!

手の指の創傷処理(筋肉・臓器に達しないものについては、健保点数に関わらず決められた点数で算定します。下記参照

 

指の本数

点数

指1本

940点(470×2.0倍)

指2本

1,410点(940+470点)

指3本

1,880点(1,410+470)

指4本

2,350点(1,880+470)

指5本

2,350点(470×5.0倍)

※当該点数にさらに四肢加算することはできません。

 

とにかく!!指に対しては決められた点数があるということです!!

 

【第2指】K000創傷処理(筋肉に達しないもの)3cm及びデブリードマン +【第3指】K000創傷処理(筋肉に達しないもの)3cm及びデブリードマン

それぞれの指に処理を行っていますが、上記にならい、算定としては

1,410点(指の固定点数)+100点×2.0倍=1,610点となります。

 

指は、定められた点数を算定しますが、デブリードマンだけには2.0倍をかけることができます。

 

【第2指】K000創傷処理(筋肉に達するもの)3cm及びデブリードマン + 【第3指】K000創傷処理(筋肉に達するもの)3cm及びデブリードマン

(1,680点+100点)×2.0倍=3,560点

 

手の指に行われた創傷処理のうち「筋肉・臓器に達すもの」は、健保点数の2.0倍(四肢加算)で算定します。

 

四肢加算のまとめ

通則の加算は四肢加算の対象ではない(時間外除く)

指に創傷処理をする場合は独自の点数があるので注意

といった感じです。

 

個人的には、四肢加算って医事コンで計算ができてしまうので、指を算定する場合だけ、特に注意していけば間違いはないのかなと思います。

 

 

-労災関係まとめ

Copyright© 5年目からの医事業務 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.