オススメ記事 医療事務に必要な資格

医療事務の資格試験は意味ない?いらないと思って就職したら辛い思いします

医療事務は、医療機関の中でも国家資格がなくても働ける珍しい職種となっています。

そのため、医療事務の最難関の資格試験である『診療報酬請求事務能力認定試験』を持っていなくても医療事務として働けます。

 

もちろん、診療報酬請求事務能力認定試験を持っている事で就職時にたいへん有利になるのですが…

医療事務の専門学校を卒業している人であれば持っていたりもしますが、専門学校でも1年課程の子なんかは在学中に落ちてしまい、そのまま卒業して就職してくる子も珍しくはありません。

専門学校に行っていても落ちてしまう最難関の資格試験・・・

それが診療報酬請求事務能力認定試験なんです!!

 

医療事務は資格を持っていなくても働ける仕事ですが、あなたが病院の正社員として就職したいのであれば、診療報酬請求事務能力認定試験の取得は必須です。

実際の私の医療事務の資格無し+未経験で入職したため大変辛い思いをしたという、失敗経験も踏まえて医療事務資格の必要性について説明していきます。

 

医療事務資格に意味がないと思われている理由

一般的に医療事務資格は意味がないといわれるには3つの理由があります。

あくまで一般的に言われていることであり、すべての医療事務に共通することではありませんが参考までに。

 

すべて民間の資格なので軽くみられる

現在、医療事務の資格はすべて民間の資格となっています。

医療事務資格の最難関とされる診療報酬請求事務能力認定試験』でさえ民間の資格となっています。

 

国家資格であれば、医療事務とは関係ない人からみても「すごい」という評価を得る事ができますが民間の資格ではそうはいきません。一部の人からは「どうせ民間だしお金をだせばとれる」と勘違いしている人も少なからずいます。

こういった偏見から医療事務資格は必要ないと勘違いされているケースもあります。

 

すでに医療事務資格を取得している人の勘違い

医療事務資格の宣伝される取得メリットとしてよく挙げられるのは

  • 就職、転職に強い
  • 一生使えるスキル
  • 働き方を選べる

こういったメリットから資格取得をした人も多いのですが…

実際に働いてみると、宣伝されていたメリットとは程遠い現実とのギャップに苦しみ、「こんなはずではなかった」という意見が出てきます。

 

確かに、医療事務の仕事はハードであり宣伝されているようなメリットを感じれないという人もいるかもしれませんが、医療事務に限らず全ての職場が共通したメリットがあるとは限りません。

 

あくまで、一般的な医療事務としてのメリットであり、就職、転職先によって待遇が異なるのは当たり前です。ただ、覚えていて欲しいのは、医療事務という仕事は宣伝されているようなメリットは確かにあるということです。

 

すべての医療機関の採用面で資格の有無を必須としていないから

医療事務=資格がないと就職できない

と勘違いする人もいるかもしれませんが、医療事務の求人で「医療事務資格が必須」というところは以外と少なかったりします。

 

大学病院や市民病院といった大規模な病院になれば、求人の応募資格の条件のひとつとして提示されるかもしれませんが一般の個人病院、クリニック当では資格の有無は必須ではありません。

こういった医療機関によって資格の必要性の有無が異なるので「意味がない」という認識が生じているのかもしれません。

 

医療事務の求人は正社員が多いので即戦力を求められる

では、上記のように意味がないと思われている医療事務資格は正社員を目指す以上は必要なのでしょうか?

 

最近では、医療事務はパートのイメージが強くなってきています。恐らくはニチイやユーキャンといったCMのイメージでしょうか。

しかし、実際は病院などになると正社員として募集しているところが多いです。

(クリニックなど規模が小さいところはパート募集が多い)

 

今はどこの病院も人手不足なので、正社員で採用されるとなると病院側もそれだけ新入社員にできるだけ早く一人前になってもらいたいものです。なので、病院側から自然と『早く仕事を覚えて欲しい』といった勝手な期待を感じる事もあるでしょう。

 

そうなったときに、いち早く仕事を覚える事が出来れば職場からも即戦力として頼りにされる存在となり、一目置かれ、結果的に仕事がやりやすい環境になること間違いありません。

 

できるだけ、資格を取得し、知識を備えていたほうが働き始めたときにも有利な立場を確保できるでしょう

働き始めはどこも同じですが、一番最初が肝心です。

 

資格を持っていることで圧倒的に有利な立場になれる

医療事務の資格を持っていると何が有利かというと、仕事中に資格を持っていない人が医療事務の勉強に費やす時間を、資格を持っている人は別(スキルアップ)の事に時間を使うことができるからです。

 

例えば…

レセプト業務の効率化を考える時間に充てたり、新しい制度の知識の取得に励むことができます。などなど…

診療報酬以外の知識も豊富になってくるのですね。

 

そうすると、診療報酬以外の面でも周りから頼りにされることも増えてきて、やりがいも一層増えることでしょう。

ポジティブな感情が連鎖していき”もっと向上していこう!!”と前向きに仕事に取り組むことができるようになります。

自分自身にとってもいい流れですし、病院からも頼りにできる人材として大事にされるでしょう。

 

未経験者は覚えることが多すぎて不利になる

医療事務の未経験者は、医療事務の資格をもっていたほうが断然有利です。

なぜなら医療事務は覚えることが多いからです。

 

医療事務の仕事だけではなくて、病院全体の仕事や仕組みや流れも覚えることが必要になります。

だから、『医療事務+病院の仕組み』の両方を最初からいっぺんに覚えるというのはとても大変です。

 

そうなることを出来るだけ最小限に抑える為にも、医療事務の部分は事前に勉強していき、入職したときの負担を減らすといった事を行ったほうが、自分にとっても楽になりますからね。

 

資格なし=基礎的な医療事務としての知識が身につきにくい

アドバーグ
私自身が『医療事務未経験+資格なし』で入職したんです、、、

だから、医療事務を未経験で入ったときの大変さも分かるし、資格(知識)を持っていない苦労の気持ちも分かるんです。

 

覚えることが多すぎて、結局『どれから覚えたらいいのか…』というパニック状態もよくおこしていました。

『自分では勉強していたつもり』だったんですけどね。

 

毎日のように怒られていました…

とにかく落ち込む日が多かったですね。

 

なぜ、こんなにも怒られていたのか…

資格を取得した今ならわかりますが、医療事務としての基本的な知識が身についていなかったからです。

 

現場で時間をかけて教えてもらえれば、医療事務の仕事をこなしていくことは十分に可能です。

しかしそれでは、教えられたからできたことであり自分の知識にはなりにくいのです。

 

だから、教えられたことをやっても自分で理解できていないので同じところで何度も間違えてしまう…これの繰り返しです。

失敗しない為にも、自分自身で勉強して医療事務の基礎的な知識を身につけるために資格を取ろう、というわけです。

資格の取得は合格が最終目標ではありません。

資格の合格に向かって”勉強して基礎的な知識が身につけること”という部分が一番大事だということです。

 

『資格はいらない』ではなく”自信をつけるため”のものだと思う

現場で学ぶことはできますが、現場では正確さが求められますので間違いは許されません。

さらに現場では、臨機応変な対応や初めて対応するケースというのもが多々出てきます。

最初は必ずと言っていいほどミスをします。

 

ミスをする⇒怒られる⇒自信をなくす

という悪循環がうまれてしまいます。

 

ミスをしない為にも事前に医療事務の勉強をしておき、初めてのケースでもスムーズに対応できるようにしておけば、

ミスがない⇒スムーズな業務⇒自分に自信がつく

事前の勉強に資格が役に立ち、自然と自信もうまれるわけです。

 

資格は”頑張った”が分かりやすいので取得すると周りから認められやすい

いくら医療事務の勉強をしても、頑張りを認められる機会ってそうはありません。

いくら自分が『私は勉強頑張ってます!』といったところで誰にも信じてはもらえません。

 

しかし、医療事務資格を取得したとなると話は別です。

”資格”という目に見えるものを持っていることで周りからの認められかたが雲泥の差です。

勉強してきました!!という事が合格という結果として誰にでもわかる形で残るので認められやすいのです。

 

【すぐに行動】医療事務に資格は必要なので取っておきましょう

私自身は医療事務未経験+資格なしということで、知識も経験もなく強い焦りを感じていました。

もっと早く資格を取ればよかったじゃないかと言われそうですが、『一人で勉強をするというのは、とても辛いものです。』

それに併せてたくさんの言い訳を考えて行動に移しませんでした…

 

それもで、資格は重要!!と改めて感じ”あること”を実践して資格取得をしました。

資格取得後は、焦燥感や劣等感などの悩みはすべて吹き飛び医療事務として自信を持って働いています。

悩んでいる時間があったのなら、早く試験勉強を開始しておけばよかったと後悔しているほどです。

 

もし、この記事を読んで資格を取得しようと思ったなら是非頑張ってください。そしてすぐに行動に移しましょう。

必ず、試験勉強した分だけ知識と経験が自分に帰ってきます。

そして就職や転職に有利になることは間違いありません。

私が実際に合格した”ある方法”がこちら

>>診療報酬請求事務能力認定試験を最短で合格する勉強方法とは

 

資格取得をしようかな…と思ったら、まずは行動

継続して勉強を続ければ独学でも合格は十分に狙えます。

しかし、実際に勉強してみたり、勉強開始前に問題集を軽く読んだりした段階で『自分には、独学じゃ厳しいかも…と限界を感じることがあります。

そう思ってしまった場合は、通学・通信講座を検討してみるのも一つの手かもしれません。

 

「医療事務の通信とか通学とかって種類が多すぎて何を選べばいいのかわからない…」

「どれも費用が高いのでは?」

そんな不安を持ってる方も多いでしょう。

そういった場合は、まずは『シカトル』で無料の資料請求をまとめておこなうことで

  • 家の一番近くで勉強できる講座
  • 一番安い講座
  • 自分に合っていそうな講座

が分かります。

「時間がない」「お金がない」という人はまずは資料請求から始めて行動をしてみてはどうでしょうか?

医療事務で有利に働きたいなら

 

-オススメ記事, 医療事務に必要な資格

Copyright© 5年目からの医療事務 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.